障害者の恋愛

【アスペルガーは結婚しない方がいい?】理由と結婚する方法【専門家が徹底解説】

  • アスペルガーは結婚しない方がいい?
  • アスペルガーがあっても結婚する方法を知りたい。

アスペルガーが原因で恋愛に悩んでいませんか?

この記事では恋愛に悩む発達障害者に向けて「アスペルガーは結婚しないと言われる理由と対策」を解説します。

えぬ

これまで200名以上の障害者の相談にのってきた私が解説します。

この記事を読めば、アスペルガーがあっても恋人ができる方法が分かります。

えぬ

「とにかくおすすめのマッチングアプリを知りたい」という方はマリッシュをおすすめします!

マリッシュは「16秒に1組マッチングして平均3ヶ月以内にカップルになる」「障害に理解のあるコミュニティがあるので障害者と知った上で恋人探しができる」「当サイト人気No.1」といったメリットがたくさんあります。

今なら女性は完全無料、男性も一部機能を除き無料会員からスタートできます!

まずは無料会員から始める

またオーネットが無料で提供する診断テスト「結婚チャンステスト」を使い理想の異性を知れば無駄な相手にアプローチせずマッチング率をアップできます!

【無料】診断テストの申込は3分でたった完了!

アスペルガーが結婚しない方がいい理由

まずはアスペルガーが結婚しない方がいいと言われる理由を解説します。

理由は次のとおりです。

  • 雑談が苦手で日常会話が辛い
  • 相手をカサンドラ症候群にしてしまう

雑談が苦手で日常会話が辛い

アスペルガー症候群の人は、他者とコミュニケーションを取るのが非常に苦手です。

相手の立場に立って気持ちを理解したり、その場の空気を読むことができないために、障害について何も知らない人達からは敬遠されがちになってしまいます。

雑談や日常会話でさえもままならない状態なので、健常者でも緊張することがある異性との会話のやり取りはさらに困難を極めます。

また、アスペルガー症候群ではある特定の物事にのみ強い興味やこだわりを持つ傾向があり、その物事の話だけを一方的に相手に話してしまうこともあります。

会話の内容ややり取りのバランスが崩壊してしまい、相手に不快な思いをさせてしまうことも珍しくありません。

相手をカサンドラにしてしまう

カサンドラ症候群とは、パートナーや家族などの身近にいる人がアスペルガー症候群を発症しているため、その患者と適切な意思疎通や関係性を築くことができず、心的ストレスから様々な精神障害を引き起こしてしまうことを指します。

アスペルガー症候群は本人が苦しむだけでなく、パートナーにカサンドラ症候群を発症させて苦しめてしまう可能性があるので、結婚しない方がいいという意見があるんですね。

パートナーが感じる具体的なストレス要因は、コミュニケーションがうまく取れなかったり、こだわりが強いために日常の行動がパターン化されていて、それ以外の行動を頑なに拒否するなど、様々なものがあります。

いくら理解のあるパートナーと出会えたとしても、このようなことが毎日続けば、パートナーがカサンドラ症候群を発症してしまう可能性は十分にあります。

アスペルガーでも結婚はできる

ここまでアスペルガー症候群の方の結婚には否定的な意見が多かったですが、決して結婚できないという訳ではありません。

自分の障害をしっかりと理解し、異性との向き合い方を学んで実行すれば、恋愛や結婚も十分に可能です。

障がい者総合研究所の調査によると、配偶者有りの割合は以下のようになっています。

  • 健常者:57.4%
  • 精神障害者:34.6%
  • 知的障害者:2.3%

アスペルガー症候群はある一定の状況下で症状が出るため、生活の広範囲で症状が出る知的障害ではなく精神障害や発達障害に分類されます。

上記によると、精神障害者は結婚において様々な困難があるものの、約3人に1人は配偶者がおり、データとしても結婚できない訳ではないことがわかります。

発達障害が恋愛で成功するコツ

精神障害者や発達障害者の方が恋愛で成功するには、自分が持っている障害や病気の特徴を深く理解するところから始まります。

先述してきた通り、アスペルガー症候群はコミュニケーションが苦手、こだわりが強く特定の物事には異常な興味を持つが、他のことには無頓着などの特徴があります。

これらを踏まえて、少しでも恋愛で成功に近づくためのコツを考えていきましょう。

まずは異性の友だちを作り異性との会話になれる。

日常会話すら苦手な人間が、始めから異性を恋愛対象としてアプローチを仕掛けようとしてもうまくいきません。

まずは、お近づきになれそうな身近にいる異性を友達として付き合ってもらえるようにするところからスタートしましょう。

そんな異性は周りにいないという人もいるかと思いますので、後で異性とのおすすめの出会い方などにも触れていこうと思います。

デート前は会話のネタリストを作って雑談ができるようにする。

突然始まる会話が苦手な人は、事前に自分の今までのエピソードや趣味、知識のある分野で会話を弾ませることができないかネタを作ってみましょう。

頭の中でネタを作って会話の現場で引き出せる人はいいのですが、それが中々難しいと思う人はメモ帳などに文字起こしして、いつでも確認できるようにすることをおすすめします。

考えたネタを実際に会話に取り入れてみて、相手の反応を見ながら試行錯誤していきましょう。

第一印象が良くなるので身だしなみは整えよう

一つのことにこだわりが強く、興味のあることが偏りやすいアスペルガー症候群の人は、身だしなみに無頓着になってしまっていることがよくあります。

人間関係における第一印象はほぼ見た目で決まってしまうため、身だしなみには気を付けましょう。

恋愛において、尚更重要なのは当たり前ですよね。

ファッションの勉強をしておしゃれになりなさいと言ってる訳ではありません。

具体的に、以下のようなことを気を付けるところから始めてみましょう。

  • 頭皮や髪の毛は清潔か(ふけはでていないか)
  • 眉毛、鼻毛、ひげは整えられているか
  • 目垢や耳垢は付いていないか
  • 口臭や体臭はくさくないか

日ごろから常にこれらを意識して生活するのは難しいと感じる方は、デート前だけでも気を付けてみてください。

服装は個人の好みがあると思いますが、シンプルで新しめのものを身に付けることをおすすめします。

間違っても穴が開いていたり、汚れていたりするものを身に付けてデートに行かないようにしましょう。

発達障害者におすすめの出会い

恋愛で成功するコツを掴んだとしても、恋愛対象となる異性が見つからなければ意味がありません。

一昔前では、障害者の方が恋人やパートナーを見つけるのは非常に難しい状況でした。

しかし、現在ではインターネットの普及などから出会いの場は多くなってきています。

マッチングアプリ

健常者の方の利用も多くなってきているマッチングアプリですが、最近では障害者の方向けのマッチングアプリもリリースされています。

通常のマッチングアプリと同様に、住まいや年齢はもちろんのこと、障害特性を指定して相手を探すことができます。

健常者の利用でライバルが多いメジャーなマッチングアプリよりも、障害者への理解がある人や同じ境遇の障害者の方が多くいる、障害者の方向けのマッチングアプリを利用してみるのもいいかもしれません。

こちらで障害者におすすめのマッチングアプリをまとめています。

結婚相談所

もう一つの手段は結婚相談所の利用です。

こちらも最近では障害者の方専用のものが誕生しており、健常者も利用している通常の結婚相談所より出会いの効率が良くなってきています。

婚活パーティーなども定期的に開催してくれており、一度に複数人との新しい出会いを獲得することも可能です。

デメリットとして、障害者の方なら誰でも利用できるという訳ではなく、手帳を持っている、就労収入がある、日常生活が自立できているなど利用条件が少々厳しくなっていることが挙げられます。

また、利用者は障害者の方のみなので、健常者との出会いを希望している方の利用には向いていません。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!
障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!