【現実】精神障害者の障害者雇用の実態は?精神障害者だと採用されない?

「精神障害者」という言葉を聞いたとき、どんなイメージを持ちますか?

多くの人々は、未だに偏見や誤解を持っているかもしれません。
社会の中で、彼らはどのような雇用の現実に直面しているのでしょうか。

本記事では、精神障害者の雇用状況に光を当て、彼らがどのような挑戦や困難に直面しているのか、また企業や社会がどのようなサポートや取り組みを行っているのかを深堀りします。

彼らの現実を理解することで、私たちはより包括的で公平な社会を築く手助けとなる情報を手に入れることができます。

えぬ
えぬ

偏見を乗り越え、真実の現状を知ることの重要性を、共に学びましょう。

えぬ

「高待遇の障害者雇用で働きたい」「今の職場に不満を感じて転職を考えている」「初めて就職活動をするので何から始めるべきか分からず不安」という方には 障害者雇用バンク をおすすめします!

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

  • 業界最大4000件以上の求人がある
  • 当サイト人気No.1のエージェント
  • 完全無料で利用できる
  • 年収500万円以上の求人がある
  • 身体障害、精神障害、知的障害の全てに対応している
  • 累計500名以上の障害者に紹介したエージェントです。
無料会員登録は公式サイトから3分で完了!!
本記事の著者「えぬ」プロフィール

先天性の身体障害を持つ男性。障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SEとして働き、妻と子供と生活。本業収入600万円以上で現在は副業で複数ブログを運営し月6桁以上を稼ぐ。公式LINEでは600名以上の障害者から恋愛、就活、副業に関する悩み相談を受ける。恋愛経験0でも最速3ヶ月で恋人ができる障害者向け恋愛マニュアルを販売中

障害者の悩みを解決します

精神障害者の障害者雇用の現実

精神障害者が直面する雇用の問題は、多面的で複雑です。社会全体での理解やサポートの不足、偏見、そして経済的な制約など、さまざまな要因がこの問題の背後にあります。

精神障害者の平均年収

精神障害を持つ人々は、一般的に平均的な収入よりも低い年収を得ている傾向にあります。

これは、フルタイムの雇用を得るのが難しく、また職場でのアダプテーションや継続的なサポートが必要な場合が多いためです。また、短期間の雇用や非正規雇用に従事することが多いため、安定した収入を得ることが難しい状況にあります。

さらに、職場での偏見や理解の不足が、彼らの能力を適切に評価されず、低賃金の仕事に就かざるを得ない状況を生んでいることも無視できません。

障害者の雇用実態

日本国内における精神障害者の雇用状況は、非常に厳しいものとなっています。
法律により、一定の障害者雇用率が企業に義務付けられているにもかかわらず、実際の雇用率はその基準を下回ることが多いのです。

雇用の際、精神障害の有無を明らかにすることで、採用の際の不利益や偏見に直面するケースが珍しくありません。その結果、多くの精神障害者は隠して就職活動を行うか、専門の支援を受けて雇用を得ることを選択します。

一方、障害者を積極的に採用する企業も増えてきました。
これらの企業では、障害の有無に関係なく、個人の能力やスキルを重視し、適切な職場環境やサポートを提供しています。しかし、それでも精神障害者の雇用は十分な水準には達していないのが現状です。

えぬ
えぬ

パーソル研究所の調査では精神障害者の職場定着率は他の障害に比べて低い傾向にあります。

総じて、精神障害者の雇用の現実は、まだまだ困難に満ちています。
社会全体としての理解とサポートが求められるとともに、企業の側でももっと積極的な取り組みが必要です。

精神障害者は採用されない?

社会的なステレオタイプや偏見は、しばしば特定のグループを職場での不利益に晒す原因となります。
精神障害者の採用に関する議論も、この偏見の影響を受けていることは否めません。

事実、多くの雇用者は精神障害を持つ者の能力や適性を疑問視する傾向があり、これが採用のハードルを上げる要因となっています。

実際のところ、精神障害者は同僚と同様に高い生産性を持っていることが多いです。しかし、彼らの採用を避ける企業は、安定性や職務への適応能力を心配することが一因として挙げられます。

その背後には、精神障害者という言葉に対する誤解や偏見が潜んでいます。

この問題を解決するためには、雇用者側が真実の情報に基づく評価を行い、偏見に基づかない採用判断を下すことが必要です。

精神障害者が採用されやすい仕事

精神障害者が職を見つける過程では、彼らの能力や興味に合わせた職種を選択することが重要です。

えぬ
えぬ

以下は、精神障害者が採用されやすいとされるいくつかの職種についての概要です。

清掃業

清掃業は、ルーティンワークが中心であり、複雑なコミュニケーションや高度な技術を必要としないため、精神障害者に適しています。

具体的な指示に従って一連の作業を繰り返すことから、作業の安定性が求められるこの業界は、精神障害者が安心して働ける環境を提供します。

配達業

配達業もまた、明確な指示に基づく単純なタスクが中心となります。特に、ローカルな範囲での配達や固定のルートを持つ配達業は、精神障害者にとって安定的な作業環境を提供します。

また、一定の体力を必要とするため、身体的に活動的な精神障害者に向いています。

データ入力

データ入力の仕事は、PCを使用して情報を正確に入力する作業が主となります。特定の指示やフォーマットに従って作業を進めることから、精神障害者にとっても取り組みやすい職種といえます。

また、この仕事はリモートワークとして行うことも多く、外部とのコミュニケーションが最小限で済むため、職場環境への適応に不安を感じる方にも適しています。

結論として、精神障害者は多様な職種で活躍することが可能です。重要なのは、彼らの能力や興味、適性を尊重し、適切な環境やサポートを提供すること。

えぬ
えぬ

それにより、彼らも一人一人が最大限の能力を発揮できる職場での活躍が可能となります。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で相談したい。
  • 個別に恋愛や転職の悩みを相談したい。

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

障害者が恋愛、就活で結果を出す方法やライフハックを発信🙌先天性の障害者♂👨障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SE、既婚者🥰📚累計600名以上の障害者からの恋愛、就活相談対応🏢

コメント

コメントする

CAPTCHA