障害者の就職活動

【障害者雇用の面接対策】よく聞かれる質問5選を大手企業で働く障害者が解説します。

障害者雇用の面接が初めて不安…

面接でいつも落ちる

障害者雇用の面接対策をしようとも書店で売っている就活本は健常者向けのモノがほとんどです。

障害者雇用の面接対策本なんてほとんどありません。

しかも周りに障害者の知り合いがいないなら1人で面接対策をすることになりますが、何を聞かれるのか?どう答えたらいいか?が分からないまま面接をむかえることになります。

そこで本記事では大手企業の障害者枠をゲットした私が障害者だから面接で聞かれる事を解説します。

ちなみに最近まで障害者雇用枠の就活担当をしていました。

先に結論を言うとこちらです。

面接で聞かれる事は「「持病の事」「会社で必要な配慮」「職歴、アルバイト経験」「残業ができるか」「通院の有無」の5つです。

障害者雇用の面接で聞かれる事5選

私が実際に就職活動をしていた時に聞かれた質問の中で「これは必ず聞かれた!!」というモノを5つ選びました。さらに質問に対して障害者雇用の就活担当をしていた経験を元に解説していきます。

それでは早速いきましょう!

①持病の事

障害者雇用の面接で聞かれる事が多いのが自分の障害についてです。

ほぼ100%っていうくらい聞かれます。

会社側としては障害を説明してもらう事で「本当にウチの会社で働けるか?」を判断します。可能な限り障害内容を詳しく説明しましょう。

ただ詳しくと言っても医学的な事を説明するわけではありません。

実際に働くイメージを持ちながら「自分の障害は○○で、こういった事はできるけど反対にこういった事は難しいと思います」と言った感じで大丈夫です。

企業としては「実際に仕事を任せられるか?」「どんな仕事ができるか?」が気にするポイントなので働くイメージが伝わるように説明しましょう。

企業によっては過去に同じ病気の採用経験があるかもしれません。その場合は「○○さんと同じ病気の人はこんな事が難しいけど大丈夫ですか?」など同じ病気で働いている人の情報を聞き出すことができるかもしれません。

②会社側で必要な配慮

同じ障害の方をした実績があれば、ある程度必要なサポートを把握できますが、それでも人によって障害のレベルは異なるので完全に把握する事は難しいです。さらに採用実績のない障害だとより難しくなってきます。

そこで面接官は仕事をする上で会社側で必要な配慮を聞いてきます。

転職の場合は現在、会社に求めている配慮を答えればいいでしょう。

ただ就職経験がない新卒の方、また就労時期が長期間空いている場合だと難しいでしょう。その場合は正直に想定している事を伝えましょう。

私の場合は病気の関係で体力が少ないのが特徴です。そのため新卒の面接では「体力が少ないので残業が慢性的に多い部署は難しいと思います。具体的には月10-20時間くらいが上限だと思います」と伝えました。

③職歴、アルバイト経験

職歴、アルバイト経験は実際に採用した場合に働く事ができるのか?の確認と聞かれる事が多いです。

健常者の面接でも聞かれますが、障害者の場合は実際に働けるかの見極めとして聞かれます。

もちろん過去に経験してきたことが活かせるか?という意図もあります。正直に答えればいいです。

④残業ができるか

障害者雇用の場合、私のように残業が難しい方もいるでしょう。

企業によっては残業の少ない部署へ配属といった形で配慮してもらいやすいですが、それでも残業が発生する可能性はあります。

そのため「残業は可能か?」という質問はされやすいです。

もちろん残業をして体調を崩しては元も子もないので無理はいけません。とはいえ「残業はできません!」とはっきり伝えるのは角が立つので「体調次第ですが、ある程度はできます」や「月〇時間までなら可能です」といった回答をしましょう。

⑤通院の有無

通院の有無は必ず聞かれます。通院を有給休暇の範囲で対応できるか?有給休暇では足りず欠勤として扱うかといった話にもなります。

「だいたい2か月に1回、通院しています」といった感じで平均的な頻度を答えればOKです。その際、通院には1日かかるのか?半日休めば通院できるのか?必要な休みも答えましょう。

エージェントを使って就活を有利に進める

志望動機やスキル面で採用に値する基準を上回っていたとしても自分の障害が理由で不採用になる事はあります。

また面接官に自分の障害が上手く伝わらず本来は健常者に近いレベルなのに配慮が必要と思われてしまう場合もあります。

健常者とは異なり障害者は自分の障害を伝える必要があります。

しかも伝え方によって面接官がオーバーに受け取ると不採用となるので障害者雇用で出てくる質問に対する模範解答は必要です。

模範解答と言っても人によって同じ病気でもレベルが違ったり多種多様なため自分の障害を見極めた回答を用意する必要があります。

しかし周りに障害者の友人がいないと面接対策を1人でやることになります。仮に周りに障害者の友人がいたとしても障害によっては聞かれる事は異なるので参考にならないかもしれません。

ではどうすればいいか?

障害者の就活に精通したエージェントを頼りましょう。

多くの障害者向け就活サイトでは専任のエージェントがつきます。エージェントは障害者の就職活動に精通しており面接対策だけでなく通過しやすい書類の書き方など就職活動の全般をサポートしてくれます。

もちろんエージェントが所属する就活サイトでは障害者雇用の求人が豊富にあります。

なかでもdodaチャレンジは扱っている求人数も豊富で専任のエージェントがつくのでオススメです。

もちろん利用料は無料なので登録していない方は必ず登録しましょう。

dodaチャレンジを含むオススメの障害者向け就活サイト5選をこちらの記事で紹介しています。

【2021年最新】大手企業で働く障害者がオススメする障害者向け就活サイト5選

dodaチャレンジ以外の就活サイトに登録して求人をチェックしてみてください。