障害者の就職活動

【必ず辞めれる】発達障害者が退職する時の伝え方_障害者が退職を考える理由は3つです。

こんな悩みありませんか?
  • 障害者雇用で入社したけど人間関係や仕事など悩みが会って退職を考えている。
  • 退職時の流れについて知りたい。

本記事では過去に100名近い障害者から就職相談を受けてきた私が「障害者が退職したいと思う理由」「退職する際の伝え方」について解説します。

この記事を読むことで障害者雇用の退職に関する悩みが解決します。

これから退職する障害者はもちろん、退職を考えている障害者にとって必見の内容です。

障害者が退職したいと考える理由 

まずは障害者が退職したいと考える理由について解説します。

仕事ができない

仕事がうまくいかないのも障害者が退職したいと考える理由の1つです。
例えば次のように仕事がうまくいかず、悩みや苦しみが出てきます。

★身体障害に多い悩み
体力面でつらい
通院による休みが取りづらい

★発達障害やASDに多い悩み
コミュニケーションがうまくいかない
集中ができない
スケジュール管理ができない

もちろん障害の内容は人によって違うので上記以外にも悩みは出てきます。

人間関係がつらい

障害者が仕事を辞めたくなる理由の多くは人間関係が辛いことです。例えば病気による、辛さを上司や同僚が理解してくれなかったり、

障害に対する配慮がない。

障害に対する配慮がないのも、障害者が退職したい理由の一つです。
障害者雇用で入社してにもかかわらず、上司や同僚を会社から障害に対する配慮が得られないことがあります。例えば、自分の障害だと難しい職種に配属されたり、上司にこういった配慮をしてほしいと伝えても実行されない場合があります。そのため仕事がうまくいかなかったり、人間関係の面でギクシャクしてしまう場合があります。

退職前に考えること

ここからは退職する前に考えるべきことを紹介します。

主治医に相談する

まずは主治医に相談するのもいいでしょう。

病気が原因で仕事がうまくいかない場合に、何か対応策があるかどうかを確認しましょう。もしくは自分と同じように病気が原因で仕事がうまくいかない人が完全にいないか確認しましょう。そこで何らかの解決策が見つかった場合は一度実践してみましょう。

休職を検討する。

次は休職を検討することです。

いきなり退職してしまうとお金の面など将来に対する不安が出てきてしまいます。

また、人によっては数ヶ月、仕事を休むことで、気分がリフレッシュされて改善する場合もあります。企業によっては休職中も給料の何割かが支給される場合はあります。まずは会社の休職制度について確認してみましょう。

上司に相談する。

続いては上司に相談することです。仕事の進め方や人間関係で悩んでいる場合、一度の上司に相談するのもいいでしょう。すぐに解決とは行かなくても、何かしらのアドバイスをいただける場合があります。ただ、上司が原因の場合はこの方法っていうのは使えません。

経済面での負担を確認する。

退職しても本当に経済的に大丈夫かを確認しましょう。

例えば貯金や失業手当など数ヶ月間働かなくても生活できるかを確認しておきましょう。また場合によっては、退職後に障害年金の申請なんかも検討してはいかがでしょうか。もし金銭面で不安と感じるならあれば、退職ではなく転職を検討するのをいいです。その場合は必ず仕事を辞める前に転職先を見つけてからにしましょう。

障害者雇用で退職を伝える手順

ここからは実際に退職する際の手順について紹介します。

退職したい旨を伝える。

退職したいと決意が固まったら、まずは上司に退職したい旨を伝えましょう。この時、なるべく会議室など他の人に聞かれない場所に上司に来てもらって、そこで退職したい旨を伝えるようにしましょう。

退職に至った理由を伝える。

上司に退職を伝えると、必ず退職に至った理由を聞かれます。この時仕事がうまくいかないと伝えると退職を引き止められる可能性があります。また、人間関係が原因と伝えると、退職までの期間で居心地が悪くてある場合もあります。そのため、一身上の都合など何かしら会社とは関係ない理由であることを伝えましょう。もし、それでも上司から引き止められても退職したい決意が固いことを伝えましょう。

退職代行を使って今すぐ会社の人と接触せずに辞める。

上司に退職を伝えると引き止められてしまう、または上司に伝えるのが怖い、そもそも会社に行きたくない、そういった。

何らかの事情で退職を会社に伝えるのが難しい場合は退職代行の利用を検討してみましょう。
退職代行はあなたに代わって会社に退職するものを伝えるのと、実際の退職の手続きを代わりにやってくれます。そのため会社に行かなくても退職することができます。

いきなり退職が不安なら転職を考えるのもアリ

ここまで退職する方法について解説しました。

しかし、いきなり退職するのは将来やお金の事を考えると不安がありませんか?

もちろん肉体的、精神的につらく、すぐにでも退職した方がいい場合もあります。

まだ余裕があるなら退職する前に転職を検討してみましょう。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
下記のボタンから友達追加をして私にメッセージを送ってください。

今すぐ無料で質問・相談する!

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

Youtubeでは裏話を話しています。

2022年よりYoutubeチャンネルを開設しました。

Youtubeではブログでは語れない障害者の恋愛、婚活、就活、仕事の悩みを解説しています。

今すぐ動画をチェックする

動画を観て「参考になる」「次も観たい」と思ったら高評価&チャンネル登録をお願いします!!

Youtubeで障害者の悩みを解説!
Youtubeはこちら
Youtubeで障害者の悩みを解説!
Youtubeはこちら