障害者の働き方

今すぐ仕事を辞めたい障害者にオススメする退職代行サービス_壊れる前に脱出せよ!!

  • 会社の人間関係が辛すぎてもう無理…
  • 上司との相性が絶望的に悪く会社に行くのがイヤになる。
  • 入社前に思っていた仕事と違い何のために働くか分からない。
  • 理由は分からないけど会社に行くのが辛い

どうしても会社に馴染めない気持ちは分かります。
次の就職先を決めてから退職する余裕がある人には転職エージェントがオススメですが、今すぐ辞めたい方は退職代行を使ってすぐに毎日の辛い生活から脱出しましょう。

「石の上にも三年」

「誰でもイヤだけど我慢している」

「辛いのはあなただけじゃない」

周りに退職を考えていると相談すると言われるかもしれません。
もしくはすでに言われたかもしれません。ただ私はこの考えには反対です。

辛い状況を過ごしているのは周りの人でなく、あなたです。

周りの人の意見に耳を貸すのは時に大切ですが、今は辛い状況を脱出する事だけを考えましょう。朝起きたら辛い気持ちで始まり、夜は明日を想像してまた辛くなる、そんな生活から脱出しましょう。

本記事では会社や上司と会話する事なく代わりに退職手続きをしてくれる退職代行サービスについて解説します。

今すぐ退職代行サービスに申し込んで自由になりたい、会社から離れたいという方は本記事でオススメしている退職代行ガーディアンに相談しましょう。

\今すぐ退職する!/

退職相談はこちらをクリック

退職代行サービスとは

退職代行は「退職したいけど、なかなか自分からは言い出せない」「今すぐ辞めたいけど辞めづらい雰囲気がある」「上司と顔を合わせたくない」といった場合に利用者に代わって退職の意思を会社に伝えるサービスです。

えぬ

ストレスを感じず退職できるのは嬉しい♪

退職代行サービスはなぜ必要?

通常であれば退職の意思が固まったら上司に「退職」を申し出て後は引継ぎや社内手続きをすれば退職できます。あわせて有給休暇が余っていれば有給休暇を消化して退職となります。

ただ全ての会社で円満退職でスムーズに辞めれるとは限りません。

多くの場合はいざ退職を決意し上司に退職を申し出てスムーズに退職できればベストですが、会社によっては次のような反応をされてスムーズに退職できない可能性が大いにあります。

退職したいと申し出ると起こる事
  • 上司から引き止められる
  • 後任が見つけるまで続けてほしいと説得される

などが起こりスムーズに退職できない可能性があります。

スムーズに退職ができない場合に1人で会社や上司と交渉すると次のような状況になるかもしれません。

「退職が受け入れられたけど、退職まで嫌がらせをされる」
「有給休暇を消化できずに辞める」
「早く辞めたいのに退職日を先延ばされる」

結果的に退職できても、こんな状況になっては精神的に消耗するだけです。
それにあまりにも会社員側に不利な状況を取らされ結果的に泣き寝入り状態で退職することになるかもしれません。

こんな状況にならないために退職代行サービスを使ってスムーズに退職する方が増えています。

退職代行サービスのメリット、デメリット

ここからは退職代行のメリット、デメリットについて解説していきます。

メリット

退職代行サービスを使うメリットは次の3つです。

退職代行サービスのメリット
  1. 代わりに退職を会社に申し出てくれる
  2. 辞めにくい状況でもスムーズに退職できる
  3. 上司や会社の担当者と顔を合わさずに退職できる

①代わりに退職を会社に申し出てくれる

「上司の顔を見ると退職をいいづらい」

「理由は分からないけど会社に行くのが辛い」

自分から退職ってなかなか言いづらいですよね?

「もし退職を踏みとどませようと上司が説得してきたら」

「後任が見つかるまで退職を伸ばしてほしいとお願いされたら」

こんな感じの反応をされたときに自分の退職の意思を突き通せるか?という不安を抱くかもしれません。

でも退職代行サービスを使えば、あなたの代わりに会社・上司へ退職を申し出てくれるので不安なく退職手続きに移れます。

②辞めにくい状況でもスムーズに退職できる

「人が足りず残業続き…いま自分が辞めると残った人間の負担が増える」
「上司との関係が悪く退職を申し出てもスムーズに受け取ってもらえるか不安」
会社や上司と争い精神的に疲弊して、退職までに時間がかかってしまう
会社や上司の圧力に負けて退職を断念してしまうケースがあります。

③上司や会社の担当者と顔を合わさずに退職できる

 これが一番のメリットでしょう。
 退職は会社・上司にとってネガティブな事が多いです。
そのため交渉から実際の退職までの間、気まずい雰囲気を過ごす可能性があります。
退職代行サービスを使えば退職の申し出、交渉を代わりにやってくれます。

デメリット

 次に退職代行サービスのデメリットについて解説していきます。
 

費用がかかる

退職は自分で行えば費用が必要ありません。

ただ退職代行サービスを利用すると2~3万円程度の費用が発生します。

「ただ退職するだけに数万円払うのはもったいない」

と思う方もいるでしょう。

もちろんお金をかけずにスムーズに退職できればベストです。

しかし先ほどからお伝えしているように会社・上司によってはスムーズに退職できず精神的な負担がかかる可能性があります。

退職代行サービスを使えば2~3万円だったのに上記のような精神的ダメージを受ける場合があります。
そういった精神的ダメージを回避するなら退職代行サービスはオススメです。

オススメの退職代行サービス

退職代行サービスを価格で選んではいけません。
退職代行サービスの中には初期費用1万円とうたっていても追加対応費という名目で追加費用が発生する業者があります。
今回は一般的な退職代行サービスの相場にもとづきオススメの退職代行サービスをご紹介します。

ガーディアン

ガーディアンは東京都労働委員会認証の法人格を有する合同労働組合が運営する退職代行サービスです。

労働組合が運営していない、もしくは弁護士が関わっていない一般会社による退職代行サービスだと違法になる為会社と交渉ができません。

しかしガーディアンは労働組合が運営する退職代行サービスなので会社と交渉も可能です。

朝日新聞、財形新聞などの多数メディアにも掲載されている認知度の高い退職代行サービスです。

利用料金は一律29,800円となっており分かりやすい料金体系となっています。

またこれまで退職できなかったケースは0件と公式サイトに記載されており非常に成功率の高い退職代行サービスと言えるでしょう。

ガーディアンの強み
  1. 労働組合が運営しているため会社と交渉ができる
  2. メディア掲載多数の安心感
  3. 一律29,800年とリーズナブルな価格
  4. 退職失敗0の実績

\今すぐ退職する!/

退職相談はこちらをクリック