特例子会社

【実体験】特例子会社の実態から年収、求人の探し方まで元採用担当が完全解説します

  • 特例子会社に興味がある
  • 一般企業で働いているけど特例子会社への転職を考えている
  • 特例子会社働きたいけど年収が不安…
えぬ

本記事では障害者の元採用担当の筆者が特定子会社の実態から年収、求人の探し方まで完全解説します。

特例子会社とは

特例子会社とは障害者の雇用に特別な配慮をした会社のことです。

一般企業に比べて障害者をターゲットにした会社のため職場で必要となる配慮やサポートが受けやすいです。

なかなか一般企業だと配慮が求めにくい障害やサポートが必要となる障害者でもマッチしやすい職場が多いです。

また一般企業が「利益」を第一目的として活動しているのに対して特例子会社は障害者の雇用を目的としているため障害の特性や必要となるサポート、相談を受け入れてもらいやすく働きやすい環境が整っています。

一般企業では働きづらい障害者にとっては働きやすい環境です。

例えば20年間統合失調症患っている人など比較的に障害の程度に関係なく働くことができるので一般企業に比べて安心・安全に働くことができます。

特例子会社のメリット

次に特例子会社のメリットを紹介します。

病気をオープンにできる

一般企業だと病気のこと話したくても「話せない」人が多いと思います。
私も話せずにいましたし、話せば「変な目で見られるのではないか?」と考えるだけでストレスになっていました。
特例子会社の場合は、周りが同じ悩みを抱えている人達が働いているので安心して相談できます。
また、悩みをわかってもらえるのが嬉しく働きやすいです。

すぐに相談できる体制がある

特例子会社では仕事上での相談や通院の配慮など一般企業以上に配慮やサポートが用意されている場合がおおいです。
また他にも下記のような配慮を望む事ができ働きやすい環境が整っています。

特例子会社が働きやすい体制
  • 身体障害者には、バリアフリー化したオフィスの提供
  • 知的な障害を持っている方には、単純な軽作業
  • 特例子会社は「採用」を目的にしている
  • 同じ障害を持った人と一緒に働ける安心感がある

特例子会社のデメリット

次の特例子会社のデメリットを紹介します。

一般企業に比べ年収が低い

特例子会社の仕事は単純作業が多いため給料が低い傾向にあります。
これは特例子会社自体が「利益」より「障害者の雇用」を優先させているためでもあります。

スキルアップが難しい

単純作業になることが多いので「大きくスキルアップ」というのは難しいです。

ストレスが溜まる場合がある

障害を持った人に囲まれて仕事をするので、
人によってはストレスになることがあるかもしれません。

特例子会社では、いろいろな障害を持った人達と一緒に働きます。
なので、普通の企業だったら、起こらないような問題が起こることもあります。

以上が特例子会社のデメリットです。
ただ働きやすい環境が整っているのでメリットを感じる方が多いです。

特例子会社の求人を探す方法

特例子会社の求人を探す方法は主に4つです。

①ハローワーク

ハローワークには障害者専用の窓口があり、障害者の就職や働き方について相談に乗ってくれます。

就職先として特例子会社を含む社の求人を紹介しています。

ハローワークを利用するメリットは3つあります。

ハローワークのメリット
  • 仕事探しの安全性が、国によって保証されていること。
  • 「職業指導官」や「就職促進指導官」ながいる。
  • 豊富な経験を持った非常勤の担当がいる。

またトラブルがあった時には仲介に入ってくれるので
1人で職を探さず担当者の方と一緒に探すと言うイメージです。

②障害者向け就活サイト

一般企業での障害者の採用求人とともに、特例子会社の求人も合わせて紹介されています。就職情報サイトによっては、その企業において雇用の実績がある障害種別というものが記載されている場合もあります。

【障害者向けオススメ就活サイト5選】障害別のオススメ求人サイトを紹介します。

③障害者就業・生活支援センター

障害者の求職活動や、就職後の長く働けるように支援を行う機関です。

全国に約300ヵ所あり窓口で相談を受けつけています。

障害者就業・生活支援センターでは求人の情報提供が行われ応募したい場合は、センターが調整をサポートしてくれます。

就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は障害者が就職するためにトレーニングをする福祉ービスの一つです。就職が決まるまでに色々なスキルを身につけて安心して働けるようにサポートをしてくれます。

スキルアップしながら仕事を探すことができるのでスキルを磨き年収の高い会社で働きたい方にオススメです。

元就活担当の障害者がオススメする就労移行支援事業所7選

特例子会社の年収や待遇、勤務形態

ここからは特例子会社の年収や待遇、勤務形態など実態を紹介します。

特例子会社の年収

野村総合研究所の統計データによると特例子会社で働く人の年収割合が次の通りです。

特例子会社で働く人の年収割合
年収151-200万円
33.5%
年収101-150万円
21.6%
年収201-250万円
21.6%

大きく稼げるわけではないですが贅沢をしなければ生きていけない金額ではないかなと思っています。

特例子会社の雇用形態

特例子会社の雇用形態は次の場合が大半です。

特例子会社の雇用形態
  • フルタイムで働く社員
  • パートタイムで働く社員
  • アルバイト・パートの人

もちろん障害の程度によっては正社員としてフルタイムで働くことも可能なので、会社の募集内容を確認してみたり面接時に確認してみるといいと思います。

特例子会社で働く上で求められるスキル

求められるスキルとしては、「一生懸命に働けるか」と言うのが大事にされます。
特例子会社の場合業務内容がそれほど難しいものではありません。
私の場合はお弁当の盛り付けなので、特別なスキルがいるわけではありません。

ただ、仕事の時間になっても全く来ない人や仕事をほっぽりだしてしまう人なども
いました。会社としてもある程度は利益を出さないといけないですし、
私たちもその会社に貢献しないといけません。
なので一生懸命に働けるかは重要になります。

特例子会社の面接を通過するポイント

特例子会社の面接は長時間がおおいです。
人によっては1時間程度かかる場合もあります。
また面接中は「働く事ができるか?」の観点でさまざざまな事を聞かれます。ここからは面接を通過するためのポイントを紹介します。

会話に一貫性を持たせる

まず最初は「会話に一貫性を持たせる」という点です。

話すのが苦手な方、コミュニケーションが苦手な方は話す内容を紙に書き出してスムーズに話せるように準備しておくことが大切です。

まとめておくべき内容は主に次の通りです。

まとめておくべき内容
  • いつから症状が出たのか?
  • 病気の内容
  • 必要な配慮
  • 通院の頻度(1日休む必要があるのか?)
  • 薬のこと
  • どんな時に症状が出るか?

素直に応えること

全て伝えると「面接に受からないんじゃないか?」と思われる方もいるかもしれませんがそんなことはないです。

逆に全て伝えるから相手にも伝わりますし、私のことを理解してくれた上で
採用してもらえるので働き始めた後も安心して働くことができます。
また、周りの人も理解してくれるので働きやすくなります。

採用側からすると、面接をしているこの人は「しっかり働けるのか?」と言うのを見ているので、何ができるのか?できないことは何か?と言うのはしっかり伝えましょう。

ハキハキ応える

面接の時はハキハキ応えるようにしましょう。

相手との意思疎通は働いていく上ではとても大切になるポイントです。

人によっては毎日鏡の前で自分の目を見て面接の練習をしてから免染に臨みます。
いました。
面接の中で必ず押さえておきたいのが「自分の身体」のことです。
ここは細くまとめておいたほうが良いです。先程あげた、
いつから症状が出たのか?
身体のこと
病気のこと
通院のこと
薬のこと
症状のこと
どんな時に症状が出るか?
以外にも、例えば私の場合
「障害があることで前職でトラブルになったことはありますか?」と
聞かれて、
「仕事のミスで怒鳴られた時にパニックになって逃げ出したことがあります。今は怒られた場合・自分が仕事でミスをしたときにパニックを起こさないようにノートに対処法を書いてすぐにみるようにしています。そうすることで逃げ出さずにちゃんと働くことができます。」
と回答して、ノートを見せました。
なので、過去の失敗から改善したことがあったり努力していることがあれば伝えられるようにしましょう。

将来どうなりたいか?

面接を受ける会社によっては将来のことを聞かれることがあります。

この会社でただ働くのではなく自分がどんな目標を持っているのか?

ここも準備しておくと「ちゃんと働いてくれそうだ」と思ってもらえます。

まずは就活エージェントを活用して自分にあう職場を探す

以上が特例子会社に関するまとめです。

最後にお伝えすると全ての障害者が満足できるとは限りません。

高い年収を望む人は一般企業での就職が必要となります。

その場合は就労移行支援事業所でスキルを磨いて就職するか、いきなり一般企業の障害者雇用求人に応募するのが最短ルートです。

でも1人で活動するのは肉体的にも精神的にも大変です。

その場合は就活エージェントや就労移行支援事業所を活用しましょう。

障害者にオススメのこちらの記事で紹介しています。

【障害者向けオススメ就活サイト5選】障害別のオススメ求人サイトを紹介します。