障害者の就職活動

【専門家監修】発達障害者が障害者枠で働くと辛い3つの理由と対策を徹底解説します。

  • 障害者枠で働くと辛いのは本当なのか?
  • 発達障害を受けて入れてくれる会社を知りたい。

発達障害が原因で仕事に悩んでいませんか?

この記事では仕事に悩む発達障害者に向けて「発達障害者が障害者枠で働くと辛い3つの理由と対策」を解説します。

えぬ

これまで200名以上の障害者の就職相談にのってきた私が解説します。

この記事を読めば、発達障害があっても働きやすい方法が分かります。

えぬ

「高待遇の障害者雇用で働きたい」「今の職場に不満を感じて転職を考えている」「初めて就職活動をするので何から始めるべきか分からず不安」という方には 障害者雇用バンク をおすすめします!

障害者雇用バンク は「業界最大4000件以上の求人がある」「年収500万円以上の障害者雇用求人がある」「専属アドバイザーが求人検索から履歴書作成、面接対策といったサポート」「当サイト人気No.1」といったメリットがたくさんあります。

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

無料会員登録はたった3分で完了!!ハイクラス求人を今すぐチェック!!

その他にオススメの障害者向け就職エージェントはこちら!

身体障害専門エージェント・サーナ(全国)※無料面談でクオカード1000円がもらえる!

全国求人が豊富dodaチャレンジ(全国対応)

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

発達障害者が障害者枠で働くと辛い理由

発達障害者が障害者枠で働くと辛い理由とは?さっそくその理由を紹介していきます。

知的障害者の給料が安い

知的障害者とは、さまざまな原因によって、脳内への障害がある人をいいます。そして障害者の約9割以上は年収200万円以下なのが現状です。

厚生労働省の平成30年度の障害者雇用実態調査結果によれば、お給料の平均月収は、身体障害者21万5千円、発達障害者12万7千円、精神障害者12万5千円、知的障害者11万7千円といったデータが出ています。

すなわち全体の障害者枠の中でも、特に知的障害者のお給料が一番安いといえるでしょう。もちろん雇用契約を結べば最低賃金は保証されますが、一人ひとりの体調や特性に合わせると、フルタイムで働くのが難しいのも現状です。

原因としては、非正規雇用が多い、フルタイム勤務の割合が少ない、勤続年数が短いなどがあげられます。そして大抵は軽作業や単純労働、清掃やお手伝い補助など、誰でもできるような簡単な作業しか任せてもらえないからです。

そのため障害者雇用は簡単な作業しかしていないイメージもあり、おのずと金額が抑えられてしまっています。このような原因が相まって、障害者はお給料が安いのが現状です。

コミュニケーションが苦手で人間関係に悩む

知的障害者は脳内に障害があるため、コミュニケーションが苦手な人が多いです。また外見からは判断がしにくいため、理解してもらえなかったり、誤解もされやすいです。そのため職場の人間関係がうまくいかず、仕事環境が辛くなってしまう人も多いです。

そして一般の人は当たり前にできる作業でも、知的障害の方には難しかったりします。たとえば、抽象的だったり曖昧に指示されると理解ができず、眩しい光、音や臭いにも過敏なため、長く集中しているのが難しいときがあります。

ですが一般の人から見れば、障害のせいなのか、ただの性格なのかの見分けがつきません。知的障害者に関わらず、障害者は何かしらの不自由があっても理解がされにくいため、人間関係で悩んだり、辛いと感じる人も多いです。

単調な仕事ばかり任される

障害者はたいてい単調な仕事ばかりを任されます。その理由として、受け入れ側が負担をかけないようにと配慮しているからです。また指導する側も複雑な仕事ほど、教えるまでの労力や時間がかかるため、懸念してしまうのも原因です。

また一人ひとりの障害や能力、特徴を理解して仕事を割り振るのが難しいのもあり、同じ仕事や簡単にできる単調な作業ばかりを任せてしまいます。

ほかにも、ミスした場合にカバーできる範囲で任せようと考えるため、大抵は軽作業や単純労働、清掃やお手伝い補助など、誰でもできる作業を割り振られがちです。

知的障害者の1年後定着率は約60%

「就職しても続かない理由は?障害者の職場定着率からみる、就労定着支援活用のススメ」によると知的障害者の1年後の定着率は、なんと約68%と低めです。つまり3割以上の人が、僅か1年も経たずに離職してしまっています。一体なぜなのでしょうか?

というのも、障害者の雇用数は年々増加傾向にある一方で、逆に就労後の定着にはまだまだ課題があるからです。ですが就労定着支援を受けた人だけでみた場合、面白いことに少し違った結果になります。

実は就労定着支援を「受けた場合」と、「受けていない場合」では、後の定着率に大きな差がでていたからです。なんと就労定着支援を「受けていない場合」は離職率が約20%も上がりました。

逆に就労定着支援を「受けた場合」は、離職率が少ない結果となりました。つまり就労定着支援を受けていれば定着率も一定数上がり、1年以内に離職する可能性が低くなるといえるでしょう。

そもそも就労定着支援とは、就労後に生じる就業面や生活面、体調面などのさまざまな問題や課題に対して解決までのサポートをしてくれる福祉サービスをいいます。だからこそ、一人ひとりに合わせたサポートをしっかりとしてもらえるため、離職率が下がったのでしょう。

ちなみに定着支援を行っているのは、自立教練事業所、就労継続支援B型事業所、就労継続支援A型事業所、生活介護事業所などがあげられます。

障害者の離職理由

そもそも障害者の離職理由は一体なにが原因なのか、あなたはご存知ですか?ここからさらにその理由も紹介していきます。

障害者の離職理由として、「労働条件が自分に合わなかった」「業務を遂行していく上でなにかしらの問題があった」「自身の身体的要因があった」「人間関係が合わない・悪化した」などがあげられます。

そして3ヶ月以内の早期離職の原因として、「低賃金だった」「作業環境が合わなかった」「体力的にキツかった」「覚えられない業務が多かった」「残業が多かった」「労働条件がおもっていたのと違った」「労働条件に何かしらの変化があった」などがありました。
せっかく仕事に就けたのに、数ヶ月で辞めてしまってはもったいないですよね。であれば就労定着支援サービスを利用していくのがよいでしょう。

労働時間が合わない

次に、労働時間が合っていないのが問題としてあります。というのも障害者の体調や特性に合わせると、長時間働くのが難しいからです。さらに通院や治療のために定期的に病院に通う必要もあるため、そのための時間の確保も必要になります。

その結果、フルタイムや長時間の労働時間では合わず、希望の給料に見合った時間分の勤務をするのが難しいのも現状です。

人間関係の悪化

障害者はうまくコミュニケーションが取れないので、誤解をうけたり、理解してもらえないときがあります。そのため人間関係の悪化により職場にいずらくなってしまうのも現状です。

障害者の離職理由の約7割は、職場の労働環境が原因といわれています。中でも多いのが「人間関係」です。たとえば直属の上司からの理解はあっても、パートやアルバイトからは理解されないなど、まだまだ障害者への理解や配慮が行き届いていません。

このように、職場の人とのコミュニケーショントラブルが、人間関係の悪化につながってしまっています。

知的障害者が理想的な職場では働く方法

知的障害者が理想的な職場で働くためには、どんな方法や解決策があるのでしょうか?さっそくいくつか紹介していきます。

障害者向け就活エージェントで理想の求人を見つける

今の職場環境に馴染めずツライと感じるのであれば、障害者向けの就活エージェントで求人を探してみましょう。プロに相談しながらら条件に見合った職場に転職すれば、現状よりもより良い労働条件や職場環境を探すサポートがしてもらえるでしょう。

発達障害専門の就労移行支援事業に通う

発達障害の方が仕事をみつけるのは、なかなか簡単ではありません。なぜなら発達障害の方が安心して働ける職場環境やサポートがまだまだ少ないからです。また発達障害者への理解がされていない職場が多いのも現状です。

さらに発達障害だけでも、障害の度合いや種類があります。そのため自分だけで仕事を見つけるのは少し難しいといえるでしょう。であれば就労移行支援事業に通うのも一つの手です。

「就労移行支援事業」とは、就職の悩みをもつ障害者などが自分の希望や理想にあった職種、職場に就職し、のびのびと仕事ができるよう支援をしてくれる、障害福祉サービスです。

なかなか就職活動がうまくいっておらず大変な方や、職場環境に悩んでいる方、他にも長い間仕事をしていなかったけれど、仕事復帰がしたい方なども、しっかりと手厚いサポートがしてもらえます。

就労移行支援事業は公的な支援制度もありますし、民間でもいろいろなサービスが提供されています。ぜひ就労移行支援事業をうまく活用して、あなたにあった職場を見つけてみましょう。

ちなみに精神・発達障害の方のための仕事探し、職業訓練といえば、「こねくと」がおすすめです。「こねくと」は、障害者の就職をサポートするためのスペシャリストが集まっています。
「こねくと」は精神・発達障害の専門だからこそできる、無駄ないプログラムが組まれているのもポイントです。そのため就職に必要なスキルを着実に、無駄なくしっかりと身に付けていけます。

さらに「こねくと」では、就職をサポートするだけでなく、就職に必要なスキルも身に付けられます。たとえば施設内訓練や企業実習、職業定着支援などもしてもらえます。

ちなみに「こねくと」のサイトでは、実際に就職した先輩方へのインタビューも載せられているので、読んでみるとさらに実感も湧きやすいでしょう。ぜひあなたもプロの力をかりて、理想の職場をみつけてみませんか?

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!
障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!