障害者の就職活動 PR

障害者雇用で働きたいけど仕事が見つからない理由と対策【専門家が徹底解説】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • 障害者雇用で働きたいけど良い求人が見つからない。
  • 障害者に配慮のない企業で働くのは避けたい。

障害者雇用で働きたいけど求人が見つからず悩んでいませんか?

この記事では障害者雇用で働きたいけど求人が見つからない当事者に向けて「障害者雇用の求人が見つからない理由と対策」を解説します。

えぬ

これまで200名以上の障害者の相談にのってきた私が解説します。

この記事を読めば、障害者雇用の求人が見つからない理由と対策が分かります。

えぬ

「高待遇の障害者雇用で働きたい」「今の職場に不満を感じて転職を考えている」「初めて就職活動をするので何から始めるべきか分からず不安」という方には 障害者雇用バンク をおすすめします!

障害者雇用バンク は「業界最大4000件以上の求人がある」「年収500万円以上の障害者雇用求人がある」「専属アドバイザーが求人検索から履歴書作成、面接対策といったサポート」「当サイト人気No.1」といったメリットがたくさんあります。

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

無料会員登録はたった3分で完了!!ハイクラス求人を今すぐチェック!!

その他にオススメの障害者向け就職エージェントはこちら!

身体障害専門エージェント・サーナ(全国)※無料面談でクオカード1000円がもらえる!

全国求人が豊富dodaチャレンジ(全国対応)

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

本記事の著者「えぬ」プロフィール

先天性の身体障害を持つ男性。障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SEとして働き、妻と子供と生活。本業収入600万円以上で現在は副業で複数ブログを運営し月6桁以上を稼ぐ。公式LINEでは200名以上の障害者から恋愛、就活、副業に関する悩み相談を受ける。恋愛経験0でも最速3ヶ月で恋人ができる障害者向け恋愛マニュアルを販売中

障害者の悩みを解決します

障害者だと仕事が見つからない理由

障害者は仕事が見つからない、そう思っている方もいるでしょう。

実は仕事が見つからないのには明確な理由があり、それに気が付いていないだけかもしれません。

代表的な理由と対策を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

職種を限定している

仕事が見つからない原因として、社会全体にどのような仕事や業種があるのかを知らない、情報不足の可能性が考えられます。

例えば、障害者は事務職しか仕事を与えられない、障害者の出来る仕事は事務職しかない。

という偏った情報だけを持っている状態。

例えば、障害者でもデザイナーになれる、障害者はプログラマーに向いている。

という色々な業種へ目を向けた情報を持っている状態では、どちらの方が仕事を探しやすいでしょうか。

圧倒的に後者ではありませんか?

もちろん、例は極端な話で、実際は複数の業種を把握しているかもしれません。

しかしそれでも、視野が狭くなる場合もありますので、仕事を探す際は「自分にも関われる業種がある」可能性を念頭に置くと良いでしょう。

無料会員登録はたった3分で完了!!ハイクラス求人を今すぐチェック!!

正社員ばかり探している

正社員は契約社員やアルバイトに比べて給料が高く、クビになりにくいのでオススメですが狭き門です。

そのため正社員の求人にこだわりすぎると求人数が少なくなり仕事が見つかりにくくなります。

えぬ

正社員にこだわりすぎるとなかなか仕事が見つからない…

そこでおすすめなのは、正社員登用制度が整っている企業へ、パート・アルバイトや契約社員として入社をすることでしょう。

制度が整っていれば数か月から1年後に、就労が安定している、一定水準の仕事ができていると認められることで、正社員への雇用となります。

つまり、雇用形態を正社員以外は検討しないと考えるのではなく、最終的に正社員として雇用されれば良いと考えるのです。

もちろんいきなり正社員として採用されればベストですが、契約社員やアルバイトといった雇用形態を視野に入れて就職活動をすれば仕事が見つかりやすくなります。

えぬ

障害者向け求人サイト「障害者雇用バンク」では正社員の求人はもちろん、契約社員やアルバイトといった様々な求人を4000件以上扱っています。無料で利用できるので登録して求人を見てみましょう!

無料会員登録はたった3分で完了!!ハイクラス求人を今すぐチェック!!

やりたい事が見つからない

資格や特別なスキルがない、やりたいことも見つからない。

仕事を探している際、このように「ないもの」を探して悩むことはありませんか?

その状態はもしかすると、自分の中に「これが強みかも?」という要素を見つけられていない可能性があります。

自分1人で見つけるのが難しい場合、身近な人や支援をしてくれる人に聞いてみるのも良いでしょう。

えぬ

「ミイダス」なら簡単な質問に答えるだけで「あなたの強み・行動特性」が分かります。

また一般雇用ですが 「あなたの強み・行動特性」 に合わせた求人のオファーが届きます。

「強み・行動特性」を知らないまま就職活動をするとミスマッチの求人に応募してしまうので必ず「強み・行動特性」を知っておきましょう。

簡単な質問に答えて「強み・行動特性」を知ろう

住んでいる地域の求人が少ない

大都市以外に住む障害者の求人は、都会と比べると募集している企業が少なく、探すのは容易でないかもしれません。

しかし都会や地方に関係なく、障害者が就職や転職活動をする時に利用するサービスは、日本国内何処でも同じといえるでしょう。

例えばハローワークや、障害者の転職エージェントや就労支援などがありますよね。

1か所だけで探すのではなく、様々なサービスを利用して探してみるのはいかがでしょうか。

無料会員登録はたった3分で完了!!ハイクラス求人を今すぐチェック!!

仕事を見つけるコツ

障害者は仕事が見つからないのではないかと思う人も、それぞれに対策を立てれば変わるでしょう。

仕事を見つけるコツとして、一体どのような対策を立てれば良いのかをご紹介します。

職種や雇用形態を絞らずに探す

職種や雇用形態にとらわれて仕事の幅を狭めてしまうのは、非常に勿体ないです。

自分の趣味であるゲームや音楽など、これは仕事ではないだろうと候補から外しているものはありませんか?

けれども、その考えは自分の思い込みかもしれません。

例えばゲームに、はシナリオを作る仕事やプログラムを組む仕事がありますし、音楽にも歌詞を作る仕事や曲を作る仕事があります。

このように、自分が趣味にしていることも仕事になるのです。

また、先述しましたが雇用形態にこだわらないのも、仕事を見つけるコツの1つでしょう。

正社員になりたいのであれば、まずは契約社員などから始めることで、最終的に自分の望む雇用形態に辿り着くかもしれません。

資格やスキルを身につける

やはり何か資格やスキルを身につけた方が、仕事は探しやすくなるでしょう。

例えば、基本的なExcelスキルやWordスキルが使えれば、どこでも重視されます。

MOSの資格をとるのも良いかもしれません。

また、簿記などの経理系の資格やプログラミングができるようになるのも、仕事の幅が広がるためおすすめです。

障害者におすすめの資格・スキル
  • MOS(Excel,Word)
  • 簿記
  • プログラミング
えぬ

プログラミングスクール「侍エンジニア」ならプログラミングを学ぶだけでなく就職のサポートをしています。受講生の98%は就職でき、また就職できなかった場合は全額返金保証といった徹底的に就職に特化したスクールです。

ただプログラミングは人によって向き不向きがあります。

そこで一度プログラミングスクールの無料体験を受けてみて実際に自分に合うか確認しないと失敗する可能性があります。

まずはこちらの無料体験を受けてみてからプログラミングを学ぶべきか考えるのがおすすめです。

プログラミングを学んで高年収を目指そう!!

地元以外の求人を探す

地元に求人情報が少ないとなれば、ハローワークや就労支援を使わずに地元以外で求人を探すのもありでしょう。

例えば、昨今はコロナ禍でテレワークが急速に広まっています。

そのおかげで居住地域に関係なく働ける求人は明らかに増えており、オンラインでの就活イベントや面接も増えているのです。

つまり、就職の機会が地方の障害者にも増えたといっても過言ではありません。

一般雇用で仕事を見つける方法

仕事を見つける際、障害者雇用だけで探すのではなく一般雇用も視野に入れておきましょう。

探す方法は、一般の求人サイトからがおすすめです。

一般求人サイト

一般雇用は障害の有無に関係なく、誰でも働くことができます。

ただし、この場合は障害を会社に伝えるか伝えないかについて、基本的に全て本人の判断となります。

障害への配慮は一切されませんが、それでも問題がなければ一般雇用で働くのもありでしょう。

障害者雇用で仕事を見つける方法

一般雇用での就職は難しいと感じる方は、障害者雇用で仕事を探すのが賢明な判断です。

中には、就職先が決まってからも支援をしてくれる場所もありますので、自分に合ったサービスが受けられる場所を選ぶようにしましょう。

ハローワーク

厚生労働省が運営をしている職業安定所であるハローワークでは、職業相談の他に様々な求人を紹介してくれます。

一般雇用の求人だけでなく障害者雇用の求人も紹介してもらえるため、ハローワークの求人を通して就職するのも手です。

また、就職活動に向けた準備の仕方や、実際の応募についてのアドバイスを受けられるのは、仕事を探す障害者にとっては非常に心強い存在でしょう。

障害者向け就活エージェント

障害者雇用を専門とする、転職エージェントを利用するのも1つです。

障害者に特化した就職・転職エージェントは、専任のアドバイザーがつきます。

カウンセリングを通じて求職者の障害の特性や希望を踏まえた上で、適した求人を一緒に探してくれるのです。

また、書類や面接のアドバイスなども行うため、働きやすい職場に就職できる可能性が上がるのがメリットでしょう。

就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は、「働く意思はあるのに就職先が見つからない」という悩みを持つ人が、最初に相談するのに適している施設でしょう。

障害者の自立や安定した社会生活の実現に向けて、様々な支援機関と連携して相談を受け付けてくれます。

また、その障害者の能力に応じた就労場所の確保と、職場定着への支援を担当している施設のため、就職後も安心して頼ることができるのです。

おすすめの就労移行支援事業所をこちらの記事でまとめています。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!