精神障害者手帳3級は役立たず?本当の意味とそのメリット・デメリットを解説

精神障害者手帳とは、一般的には精神疾患による障害がある方が所持する手帳のことです。しかし、その存在や意義についてはあまり知られていません。精神疾患は、見た目にはわからないため、周囲の人たちから理解されにくいことがあります。そのため、周囲からの理解不足や差別などの問題があり、社会参加が難しいと感じることがあるかもしれません。

そこで、本記事では、精神障害者手帳3級の意義や有効性、また持ち主が抱えるデメリットについて、さまざまな角度から解説していきます。さらに、3級を持つ方々に向けてのアドバイスも提供していきます。

精神障害に悩む方々が、この手帳を持つことによって得られる恩恵や、持ち主が抱える問題について詳しく知ることで、社会参加や自己肯定感の向上に繋がるかもしれません。ぜひ、この記事を通じて、精神障害者手帳3級について理解を深め、持ち主の方々に少しでも役立つ情報を提供できればと思います。

えぬ

「高待遇の障害者雇用で働きたい」「今の職場に不満を感じて転職を考えている」「初めて就職活動をするので何から始めるべきか分からず不安」という方には 障害者雇用バンク をおすすめします!

障害者雇用バンク は「業界最大4000件以上の求人がある」「年収500万円以上の障害者雇用求人がある」「専属アドバイザーが求人検索から履歴書作成、面接対策といったサポート」「当サイト人気No.1」といったメリットがたくさんあります。

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

無料会員登録はたった3分で完了!!ハイクラス求人を今すぐチェック!!

その他にオススメの障害者向け就職エージェントはこちら!

身体障害専門エージェント・サーナ(全国)※無料面談でクオカード1000円がもらえる!

全国求人が豊富dodaチャレンジ(全国対応)

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

本記事の著者「えぬ」プロフィール

先天性の身体障害を持つ男性。障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SEとして働き、妻と子供と生活。本業収入600万円以上で現在は副業で複数ブログを運営し月6桁以上を稼ぐ。公式LINEでは600名以上の障害者から恋愛、就活、副業に関する悩み相談を受ける。恋愛経験0でも最速3ヶ月で恋人ができる障害者向け恋愛マニュアルを販売中

障害者の悩みを解決します

精神障害者手帳3級とは

精神障害者手帳とは

精神障害者手帳とは、精神的な障害によって日常生活や社会生活に支障をきたしている人が、その障害を補助するために発行される公的な身分証明書のことです。

精神障害者手帳は、社会生活における精神障害者の人権保護のために、障害者の医療や福祉、就労支援などのニーズに対応することを目的としています。また、日本では「障害者総合支援法」に基づいて、手帳を持つことで障害者自身が権利を行使できるようになっています。

精神障害者手帳は、精神病、うつ病、双極性障害、自閉症、発達障害など、精神的な障害を持つ人が取得することができます。手帳を持つことで、医療機関や福祉施設での待遇が優遇されたり、公共交通機関の割引制度を受けたり、職場での特別な配慮を受けることができます。

精神障害者手帳は、精神的な障害によって日常生活や社会生活に支障をきたしている人が、その障害を補助するために発行される公的な身分証明書です。手帳を持つことで、医療や福祉、就労支援などにアクセスしやすくなります。

精神障害者手帳の種類と内容

精神障害者手帳には、1級から3級までの3種類があり、手帳の種類によって障害者に対する優遇措置が異なります。手帳には、本人の情報や障害の内容が記載され、障害に応じた補助を受けることができます。

精神障害者手帳は、精神的な障害を持つ人の生活を支援するためのものであり、手帳の種類によって、その人に対する優遇措置が異なることが法律で定められています。また、手帳には、発行者や有効期限、診断名、日常生活における障害の程度、補助具の使用状況など、本人の情報や障害の内容が記載されています。

精神障害者手帳の種類には、1級、2級、3級があります。1級は、生活や社会生活において高度の支援が必要な人、2級は、支援が必要な人、3級は、軽度の支援が必要な人に発行されます。例えば、3級の場合、日常生活において軽微な支援が必要な人や、通院や就労支援を受けている人が対象となります。手帳を持っていると、福祉施設での優遇や割引制度、公共交通機関の優遇措置などを受けることができます。

精神障害者手帳には、1級から3級までの3種類があり、手帳の種類によって障害者に対する優遇措置が異なります。手帳には、本人の情報や障害の内容が記載され、障害に応じた補助を受けることができます。精神障害者手帳は、精神障害者の社会参加を促進するために重要な役割を果たしています。

精神障害者手帳3級の基準

精神障害者手帳3級の基準は、日常生活において軽度の支援が必要であることが条件となります。具体的には、薬物療法や心理療法を受けながらも、就労や社会生活に支障がある程度まで回復している人が対象となります。

精神障害者手帳3級は、1級や2級と比べて障害が軽度であることが条件となります。これは、3級の手帳を持つ人が、日常生活において軽微な支援が必要であることから、社会生活や就労に支障をきたしている程度が相対的に低いためです。この基準は、厚生労働省が定めた「精神障害者手帳の発行基準」に基づいています。

精神障害者手帳3級の基準を満たす人の例としては、以下のようなケースが挙げられます。

  • 心療内科や精神科で薬物療法や心理療法を受けながら、一定の回復を遂げているが、社会生活や就労にはまだ支障がある人
  • 精神障害によって、社会生活や就労にはある程度の支障があるが、治療や支援を受けて自立した生活を送っている人
  • 就労支援や通院支援を必要としているが、日常生活においては支援を必要としない人

精神障害者手帳3級の基準は、日常生活において軽度の支援が必要であることが条件となります。精神障害によって、社会生活や就労にある程度の支障があるが、治療や支援を受けて自立した生活を送っている人や、就労支援や通院支援を必要としているが、日常生活においては支援を必要としない人が対象となります。精神障害者手帳は、手帳を持つことによって、福祉施設での優遇や割引制度、公共交通機関の優遇措置などを受けることができ、社会参加を促進するための重要な制度となっています。

精神障害者手帳3級のメリット

精神障害者手帳3級を持つことには、以下のようなメリットがあります。

医療費の割引

精神障害者手帳3級を持つことで、医療費の割引が受けられることがあります。

精神障害者手帳3級を持つ人は、国民健康保険や社会保険に加入している場合に、自己負担分が軽減されることがあります。具体的には、医療費の自己負担額が、3割負担から2割負担に軽減される場合があります。

例えば、精神障害者手帳3級を持っている人が、精神科や心療内科で受診した場合、通常の3割負担ではなく、2割負担で済むことがあります。これによって、医療費の負担が軽くなり、治療を受けやすくなることが期待されます。

精神障害者手帳3級を持つことで、医療費の負担が軽くなることがあり、治療を受けやすくなるメリットがあります。

優先診療

精神障害者手帳3級を持つことで、医療機関での優先診療を受けることができることがあります。

厚生労働省が定める「精神障害者保健福祉手帳利用者に対する医療機関等の優遇措置の実施について」によれば、精神障害者手帳を提示した場合、優先的に診察を受けることができることがあります。ただし、患者数や医療機関の状況によっては、優先的に診察を受けることができない場合があります。

例えば、精神障害者手帳3級を持つ人が、精神科や心療内科で診察を受ける場合、

税金の減免

精神障害者手帳3級保持者は、所得税、住民税などの税金の減免を受けることができます。

精神障害者手帳3級保持者は、所得税法や地方税法に基づき、所得税、住民税、固定資産税、自動車税、重量税などの減免を受けることができます。これは、精神障害が治療費や就労などにより生活に悪影響を与えるため、その負担を軽減するための制度です。

例えば、所得税においては、精神障害者手帳3級保持者が所得税法上の「障害者控除」の対象となり、所得税の減免を受けることができます。また、住民税においては、所得税と同様に「障害者控除」があり、年間最大13万円の減免を受けることができます。

精神障害者手帳3級保持者は、所得税や住民税などの税金の減免を受けることができます。これにより、生活費を抑えることができるため、精神障害を抱える方の経済的負担を軽減することができます。

就労支援

精神障害者手帳3級保持者は、就労に関する支援を受けることができます。支援内容には、職業相談や求職活動支援、職業訓練、雇用継続支援、就労後のフォローアップなどがあります。

厚生労働省によると、精神障害者に対する就労支援は、高い成果が期待できるとされています。精神障害を抱える人たちは、一般的な求人情報や求職活動についての情報を得ることが難しい場合があります。また、就職後も定着しにくく、離職率が高い傾向にあります。そこで、精神障害者手帳3級保持者に対しては、専門の就労支援機関が支援を行い、就職後もフォローアップを行うことで、就労の継続や定着を支援しています。

例えば、国の就労支援制度である「障害者職業センター」では、精神障害者手帳3級保持者に対して、職業相談や求職活動支援、職業訓練、就労後のフォローアップなどを行っています。また、自治体によっては、精神障害者手帳3級保持者を対象にした就労支援事業を行っているところもあります。

精神障害者手帳3級保持者は、専門の就労支援機関による支援を受けることができます。職業相談や求職活動支援、職業訓練、雇用継続支援、就労後のフォローアップなど、多岐にわたる支援が行われています。これにより、精神障害を抱える人たちが、自立した生活を送ることができるよう支援しています。

精神障害者手帳3級のデメリット

精神障害者手帳3級には、さまざまなメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。ここでは、精神障害者手帳3級のデメリットについて紹介します。

周囲の理解の不足

精神障害者手帳3級を持つ人々は、周囲からの理解が得にくいというデメリットがあります。精神障害についての認知が浸透していないため、偏見や差別につながることがあります。例えば、職場で周囲からの理解が得られず、仕事に支障をきたしてしまうことがあるでしょう。

就労や教育の制限

精神障害者手帳3級を持つ人々は、就労や教育の面でも制限が生じることがあります。就職や転職の際には、手帳を持っていることが明らかになる場合があり、採用に影響を与えることがあります。また、教育の場でも同様の制限が生じることがあります。例えば、大学入試の際には、受験生の障害について質問する欄があるため、受験者本人が手帳を提示しなければならない場合があります。

自己アイデンティティの喪失

精神障害者手帳3級を持つ人々は、自己アイデンティティを喪失することがあるというデメリットがあります。手帳を持つことで、「障害者」であるというレッテルを貼られたような気持ちになり、自己肯定感が低下する場合があります。また、周囲からの理解不足や偏見によって、社会的なつながりや人間関係に悩むことがあるでしょう。

精神障害者手帳3級の意義と有効性

3級でも有効な場合がある

精神障害者手帳3級は、1級や2級に比べて制度的なメリットが少なく、軽度の障害を持つ人にとっては手帳の取得が難しいという課題が指摘されています。しかし、3級でも有効な場合があります。例えば、一時的に治療や休養が必要な場合や、職場での理解や配慮を求める際に、手帳を持っていることで支援を受けることができることがあります。

精神障害を抱える人たちの声

精神障害を抱える人たちの中には、精神障害者手帳3級を持つことで支援を受けることができるという意義や有効性を実感している人もいます。例えば、以下は実際に精神障害者手帳3級を持つ方がTwitter上で発信した意見です。

「精神障害者手帳3級を持っていることで、病院の待ち時間が短くなるのはありがたい。また、公共交通機関での割引もうれしい。」

「職場の上司や同僚にも、精神障害者手帳3級を持っていることを伝えた上で、仕事の負担を軽減してもらうようにお願いしたら、理解を示してもらえた。」

「学校での特別措置が受けられるようになり、自分に合ったペースで学ぶことができるようになった。」

このように、精神障害者手帳3級を持つことで、医療や就労、教育など、日常生活において様々な面で支援を受けることができると感じている人がいることが分かります。

精神障害者手帳3級を持つ方へのアドバイス

自己肯定感を持つこと

精神障害者手帳3級を持つ方は、自分自身を肯定し、自分の強みを見つけることが重要です。自分の能力に自信を持ち、自分らしい生き方を模索することが、精神的に安定するためにも大切です。

自己肯定感を持つことは、自分自身を受け入れることや、自分に自信を持つことができるようになることで、精神的に健康な状態を保つためにも重要です。また、自己肯定感の低い人ほど、ストレスや不安を感じやすく、うつ病や不安障害などの精神障害になりやすいという研究結果があります(出典:内閣府男女共同参画局「自己肯定感の高め方」)。

精神障害者手帳3級を持つ方は、自分自身を肯定し、自分の強みを見つけることが重要です。例えば、自分が得意なことや好きなことを見つけて、趣味に取り組んだり、地域のボランティア活動に参加したりすることで、自己肯定感を高めることができます。また、自分が苦手なことは避けずに、少しずつ取り組んで克服していくことも、自己肯定感を高めるために有効な方法です。

自己肯定感を持つことは、精神的に健康な状態を保つためにも重要です。精神障害者手帳3級を持つ方は、自分自身を肯定し、自分の強みを見つけることが大切です。自分の能力に自信を持ち、自分らしい生き方を模索することで、精神的に安定することができます。

自分に合った支援を探すこと

精神障害者手帳3級を持つ方は、自分に合った支援を探すことが重要です。医療機関や福祉施設、地域の支援団体など、さまざまな場所で、様々な支援が受けられます。

周囲とのコミュニケーションを大切にすること

周囲とのコミュニケーションを大切にすることは、自分自身の精神的な安定や社会参加にとって非常に重要です。積極的にコミュニケーションを取り、理解を深めることで、自分自身の苦しみを軽減することができるだけでなく、周囲の人たちにも理解を広げることができます。

精神障害を抱える人たちが周囲の人たちとのコミュニケーションを避けがちになることはよく知られています。しかし、このような状況は自己肯定感の低下や孤立感を深めることにつながり、逆に精神的な負荷を増大させることになります。一方で、周囲の人たちが精神障害について正しく理解し、適切なサポートを提供することができれば、精神的な負荷を軽減することができます。

ある精神障害者手帳3級の持ち主は、学校でのいじめによりうつ病になってしまいました。最初は周囲の人たちに話すことができず、自己肯定感が低下し、不安感や孤立感を感じていました。しかし、ある時、担任の先生に相談し、周囲の人たちにも自分の状況を話すことができました。すると、同級生たちが支援を申し出たり、先生たちがサポートを提供したりするようになり、自己肯定感が徐々に回復し、うつ病の症状も軽減していきました。

精神障害者手帳3級を持つ方は、周囲とのコミュニケーションを大切にすることが重要です。自分の状況や気持ちを正直に伝え、理解を深めることで、孤立感や自己肯定感の低下を防ぎ、精神的

よくある質問

ここからはよくある質問について解説します。

Q1. 精神障害者手帳3級は、どのような精神疾患を持っている人が対象になるのですか?

A1. 精神障害者手帳3級は、うつ病やパニック障害、強迫性障害、統合失調症、心的外傷後ストレス障害など、様々な精神疾患を持つ人が対象となります。

Q2. 精神障害者手帳3級を持つことで、どのようなメリットがありますか?

A2. 精神障害者手帳3級を持つことで、医療費の負担軽減や社会福祉サービスの利用など、さまざまなメリットがあります。また、就労や教育においても、理解のある職場や学校を探しやすくなるというメリットもあります。

Q3. 精神障害者手帳3級を持っている人に対して、周囲の人がどのようなサポートをすればよいのでしょうか?

A3. 精神障害者手帳3級を持つ人に対しては、まずは理解を示し、支援の必要性に応じた適切なサポートを提供することが大切です。また、コミュニケーションを大切にし、共に解決策を模索することも大切です。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

障害者が恋愛、就活で結果を出す方法やライフハックを発信🙌先天性の障害者♂👨障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SE、既婚者🥰📚累計600名以上の障害者からの恋愛、就活相談対応🏢

コメント

コメントする

CAPTCHA