障害者雇用だとクビにならない?真実とクビにならない方法を解説

障害を持つことは、あなたの能力や才能を測る指標ではありません。

しかし、残念ながら一部の職場では、障害を理由に不当な扱いを受けることもあるかもしれません。

『障害者雇用でクビにならないためにはどうすればよいのか』という疑問を持っている方へ、この記事では、障害者としての権利を守りながら、自身の価値を最大限に発揮する方法や、職場での円滑なコミュニケーションのヒントをご紹介します。

結局のところ、障害を持つことは一つの特性に過ぎず、あなたの熱意や才能、専門知識こそが真の価値です。

クビにならないためのノウハウだけでなく、より豊かで充実した職業生活を築くための手助けとなる情報をお届けします。

あなたのキャリアを守り、より高みへと導くための第一歩を、この記事と共に踏み出しましょう。

本記事の著者「えぬ」プロフィール

先天性の身体障害を持つ男性。障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SEとして働き、妻と子供と生活。本業収入600万円以上で現在は副業で複数ブログを運営し月6桁以上を稼ぐ。公式LINEでは700名以上の障害者から恋愛、就活、副業に関する悩み相談を受ける。恋愛経験0でも最速3ヶ月で恋人ができる障害者向け恋愛マニュアルを販売中

障害者の悩みを解決します

障害者雇用の解雇件数は年間2000件以上となっている

障害者雇用における解雇の現状は、なかなか厳しいものがあります。

公式の統計によれば、障害者の雇用解雇件数は年間2000件以上にのぼっています。

この数値は、経済の変動や業界の状況だけでなく、障害者特有の問題も反映していることが考えられます。

社会全体で障害者の雇用を増やす動きが進む中、このような解雇の現状は一つの大きな課題となっています。

障害者雇用でもクビ・辞めさせられる原因

障害者雇用での解雇や退職の背景には、さまざまな要因が考えられます。

以下に、主な原因とそれに伴う課題を紹介します。

職場に居づらくなる

障害を持つ従業員は、職場での環境や人間関係によって、居づらさを感じることがある。

これは、職場のアクセシビリティの問題や、同僚や上司からの偏見、理解の不足などが原因となることが多い。

例えば、車椅子を使用する人が移動しづらい職場環境や、視覚障害を持つ人が情報アクセスに困難を感じることなどが考えられます。

また、障害に関する知識の不足からくる偏見や誤解も、居づらさの原因となることがある。

周りとのコミュニケーションが取れない

障害の性質上、コミュニケーションに困難を感じることがある。

聴覚障害を持つ人は、周囲とのコミュニケーションにサポートを必要とすることが多い。

また、発達障害や自閉症スペクトラム障害を持つ人は、社交的なシチュエーションや非言語的なコミュニケーションが難しいことがある。

このような状況は、職場でのミスや誤解を引き起こす原因となることがある。

仕事ができない

一部の障害者は、特定のタスクや業務に関して制限を感じることがある。

これは、障害の性質や度合いによるもので、仕事の内容や環境によっては適応が難しい場合がある。

しかし、これは障害者単体の問題だけでなく、企業側のサポートや理解、業務の配分や調整が不足していることも原因となることがある。

遅刻や欠勤が多い

身体的な制約や健康状態、治療やリハビリのための医療機関への通院など、障害を持つ従業員は通常の従業員と比べて遅刻や欠勤が多くなる可能性がある。

しかし、これは障害を持つ従業員の意識の問題ではなく、生活上の制約や必要なサポートが得られていないことが背景にあることが多い。

障害者雇用におけるこれらの課題を克服するためには、企業側の理解とサポート、そして社会全体の取り組みが求められます

障害を持つ従業員も、自らの状況やニーズを伝え、サポートを求めることが大切です。

障害者雇用でクビにならない対策

障害を持つ人々は、職場での持続的な雇用やキャリアの発展に向けて多くの課題に直面しています

しかし、適切な対策やアプローチを取れば、これらの課題を克服する可能性も高まります

以下は、障害者雇用でクビにならないための対策やヒントを紹介します。

正社員だとクビになりにくい

正社員としての雇用は、一般的に非正規雇用よりも雇用保護が強化されているため、解雇されにくいと言えます。

正社員としての採用は、長期的なキャリアの展望や経済的安定をもたらすメリットがある一方、期間や業務内容の縛りが少ない非正規雇用と比べて、職務の要求や期待も高まる可能性があります

障害を持つ従業員が正社員として採用されるためには、自身の能力や適性をしっかりとアピールし、障害に関する配慮やサポートが必要であることを明確に伝えることが大切です。

適職を見つけて仕事ができる事をアピールする

職場での成功や長期的な雇用を確保するためには、自分の能力や適性に合った仕事を見つけることが不可欠です。

障害の性質や程度によっては、特定の業務やタスクが難しくなることもあるため、自分の強みや得意分野を知り、それを活かすポジションを目指すことが大切です。

また、自分の適性や能力を明確に伝えることで、雇用主や上司に「この人ならこの仕事を任せられる」という信頼を得ることができます。

障害を理解してもらう

障害を持つ従業員として職場での成功を収めるためには、周囲の理解とサポートが欠かせません。

そのため、自分の障害に関する情報やニーズをオープンに共有することが重要です。

具体的な配慮やサポートが必要な場合、それを明確に伝えることで、職場の環境や業務内容の調整を求めることが可能となります。

また、障害に関する誤解や偏見を払拭するために、自らの経験や知識をシェアすることも効果的です。

最終的に、障害者雇用での長期的な雇用を確保するためには、自身の能力や適性をしっかりと理解し、それを活かすポジションを見つけることが大切です。

同時に、職場の理解とサポートを得るためのコミュニケーションやアプローチも欠かせません。

障害を持つ従業員としての課題や困難は多いかもしれませんが、適切な対策やサポートを取り入れることで、それを乗り越える可能性も大いにあります。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で相談したい。
  • 個別に恋愛や転職の悩みを相談したい。

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

障害者が恋愛、就活で結果を出す方法やライフハックを発信🙌先天性の障害者♂👨障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SE、既婚者🥰📚累計600名以上の障害者からの恋愛、就活相談対応🏢

コメント

コメントする

CAPTCHA