障害者雇用から一般雇用へ変える人は多い?メリット、デメリットを解説

「障害者雇用から一般雇用へ」

この変遷は、多くの障害を持つ方々の胸に様々な感情や疑問を抱かせるテーマの一つかと思います。

時代は変わり、企業の中で多様性やインクルーシブな雇用が強く推進されています

この中で、障害を持つ方々が一般の職場で活躍する姿は増えてきました。

しかし、その過程にはどのようなメリットやハードルがあるのでしょうか?

えぬ
えぬ

本記事では、障害者雇用から一般雇用への移行の実際の経緯、そのメリットとデメリット、そして成功するためのポイントについて詳しく解説します。

あなたのキャリアの選択や、障害を持つ方々の働き方に関する理解の手助けとなることを目指しています。

えぬ
えぬ

障害者雇用求人を探すなら求人数4000件以上を扱う「障害者雇用バンク」がおすすめです。完全無料で求人探しや専属エージェントによる就職サポートを受けれます。まずは公式サイトから無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

無料会員登録はたった3分で完了!!障害者雇用求人を今すぐチェック!!

自分の病気にピッタリの求人はどんどんなくなっていくので今のうちに障害者雇用バンク公式サイトで求人をチェックするだけでもしておきましょう!

本記事の著者「えぬ」プロフィール

先天性の身体障害を持つ男性。障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SEとして働き、妻と子供と生活。本業収入600万円以上で現在は副業で複数ブログを運営し月6桁以上を稼ぐ。公式LINEでは700名以上の障害者から恋愛、就活、副業に関する悩み相談を受ける。恋愛経験0でも最速3ヶ月で恋人ができる障害者向け恋愛マニュアルを販売中

障害者の悩みを解決します

障害者雇用から一般雇用へ変えるメリット

障害者雇用とは、身体や心の障害を持つ方々を対象とした雇用の形態を指します。

多くの企業や団体は、障害を持つ人々にも適切な働き場を提供するため、この形態の雇用を実施しています。

しかし、障害を持つ人々の中には、その能力やスキルを生かして一般雇用の職場で活躍したいと考える方も少なくありません

えぬ
えぬ

障害者雇用から一般雇用に変わることのメリットについて、以下で詳しく解説します。

平均給料が上がる

一般的に、障害者雇用は一般雇用に比べて給与が低めに設定されることが多いです。

しかし、一般雇用に移行することで、給与水準が上がる可能性が高まります

えぬ
えぬ

これは、一般雇用における業務の責任や難易度、そして業績に応じた給与の評価が行われるためです。

職種の幅が増える

障害者雇用では、業務内容や職種が限定されることが少なくありません。

一方、一般雇用では多様な職種や業務が存在し、その中から自身の能力や興味に合った仕事を選ぶことができます

これにより、キャリアの選択肢が増え、より充実した職業人生を歩むことが可能となります。

障害者雇用から一般雇用へ変えるデメリット

一方で、障害者雇用から一般雇用に移行することには、いくつかのデメリットも存在します。

以下で詳しく解説します。

障害に対する配慮がなくなる

障害者雇用では、障害の内容や程度に応じて働きやすい環境が提供されることが多いです。

しかし、一般雇用に移行すると、そのような配慮が受けられなくなる可能性があります。

特に、障害の内容を理解してもらうのが難しい場合、職場でのコミュニケーションや業務遂行に苦労することが考えられます。

仕事の難易度が上がる

一般雇用においては、業務の難易度や責任の度合いが高まることが予想されます

そのため、障害者雇用に慣れていた方にとっては、一般雇用の業務内容やペースに馴染むのが難しくなることがあります。

特に、新しい業務や技術を習得する過程では、多くのストレスやプレッシャーを感じることが考えられます。

総じて、障害者雇用から一般雇用への移行は、各人の障害の内容や程度、そしてキャリアビジョンに応じて検討することが必要です。

えぬ
えぬ

メリットとデメリットをしっかりと理解した上で、自身の人生の方向性を決めていくことが大切です。

障害者雇用から一般雇用へ変える理由

近年、多様性やインクルーシブな雇用が企業の中で重要視されるようになってきました。

その中で、障害者雇用という形で働いている方々が、一般雇用へと移行を考える場面も増えてきています

その背景には様々な理由が存在します。

以下、障害者雇用から一般雇用へ移行を検討する主な理由について詳しく解説します。

給料に不満がある

障害者雇用での給与は、一般雇用と比較すると低めに設定されていることが少なくありません

経済的な安定や将来の計画を考えると、給与アップを望むのは自然なことです。

さらに、自身が持つ能力やスキル、経験をもっと評価してもらいたいという気持ちから、給与の見直しを求める方も多いです。

えぬ
えぬ

一般雇用への移行は、これらの給与に関する不満を解消するきっかけとなります。

職種の幅を広げたい

障害者雇用の職場では、時に業務内容や職種が限定されることがあります

しかし、多くの障害を持つ方々は、その障害とは関係なく多岐にわたる能力やスキルを持っています。

新しい分野への挑戦や、多様な業務を経験することで、自身の成長を追求したいと考える人は少なくありません。

一般雇用への移行は、そのような多様なキャリアの展開を可能にします

正社員で働きたい

障害者雇用においては、非正規雇用の形態での採用が一般的です。

これに対して、一般雇用では正社員としての採用が多く見られます

正社員としての雇用は、雇用の安定性はもちろん、福利厚生や昇進の機会などのメリットも伴います。

これらの利点を享受するため、正社員としての雇用を望む障害を持つ方々も増えてきています。

えぬ
えぬ

結論として、障害者雇用から一般雇用への移行は、経済的な理由やキャリアの展開、雇用の安定性など、多くのメリットを追求する動機に基づいています。

障害を持つ方々が一般雇用の職場で活躍することは、組織の多様性を高め、企業全体の価値を向上させることにもつながります。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で相談したい。
  • 個別に恋愛や転職の悩みを相談したい。

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

障害者が恋愛、就活で結果を出す方法やライフハックを発信🙌先天性の障害者♂👨障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SE、既婚者🥰📚累計600名以上の障害者からの恋愛、就活相談対応🏢

コメント

コメントする

CAPTCHA