障害者の就職活動

障害者雇用だと仕事を与えられないのは本当なのか?仕事がなくヒマな時にすべきこと

  • 障害者雇用で働いているけど仕事を与えられず、ヒマな時間を過ごしている。
  • 障害者雇用だと仕事を与えられないのはホント?

本記事では過去に100名近い障害者から就職相談を受けてきた私が「障害者雇用で働くも仕事を与えられず暇になった時の対処法」「障害者雇用だと仕事を与えてもらえない噂は本当なのか?」について解説します。

この記事を読むことで障害者雇用でも充実した仕事ができるようになります。

これから障害者雇用で働く事を検討している障害者はもちろん、障害者雇用で働いているけど仕事を与えられない障害者にとって必見の内容です。

本記事の著者「えぬ」プロフィール

先天性の身体障害を持つ男性。障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SEとして働き、妻と子供と生活。本業収入600万円以上で現在は副業で複数ブログを運営し月6桁以上を稼ぐ。公式LINEでは150名以上の障害者から恋愛、就活、副業に関する悩み相談を受ける。恋愛経験0でも最速3ヶ月で恋人ができる障害者向け恋愛マニュアルを販売中

障害者の悩みを解決します

障害者雇用には仕事を与えないは本当なのか?

障害者雇用で仕事を与えられずに困っているという人は多いです。

障害を理解してくれる人も、バリアフリー社会も以前よりは増えましたが理解が進んでいない会社があるのも残念ながら事実です。

私の公式LINEでも、仕事内容に満足できない、簡単な仕事しかもらえずつらい、職場で社内ニート化していて肩身が狭い、という相談がきます。

Yahoo!知恵袋でも、障害者雇用で仕事がもらえないという相談を見かけます。

実際に会った相談はこちらです。

  • 障害を理由に仕事を与えられなくて困る
  • 障害者雇用だけ暇だと思われて肩身が狭い
  • 社内ニート化した障害者雇用は給料が安い

せっかく就職できても、自分のスキルに合った仕事をもらえないのはつらいですよね。

障害者雇用で仕事が与えられないことは実際にありますが、社内ニート化してしまうのはあなたのせいではありません。

障害者雇用で入社するとニート化しやすい理由は?

障害者雇用で思うような仕事がもらえないのは本人のせいではない、という話をしました。

ではなぜ、障害者雇用で仕事がもらえずにニート化してしまう人がいるのでしょうか。

障害者雇用の人が会社でニート化しやすい理由の多くは、障害に対する理解不足と企業内のコミュニケーション不足です。

  • 会社や上司に障害の知識がなく単純作業しかできないと誤解している
  • 障害への理解がないせいで、障害レベルに合った配慮や仕事をもらえずに放置されてしまう
  • 上司や同僚が仕事量を減らすのも配慮と勘違いしている

これらはコミュニケーション不足によるものです。

障害者本人との面談や相談、上司や同僚が仕事の割り振りを話し合う機会があれば改善できる問題です。

また最初から障害を理解しようという努力をしない会社もあります。

それは障害者雇用率制度の人数を満たすためだけに雇用している場合です。

障害者雇用率制度とは、事業主は障害者雇用率に相当する人数以上の割合で障害者を雇用しなければいけないという制度のことです。

厚生労働省の障害者雇用率制度について

雇用率を満たすためだけに雇用している場合には、最初から仕事の戦力として認めていなかったり、雇用しているだけで良いと思っている企業もあります。

障害者雇用でニート化しやすい理由は、企業の障害に対する理解不足とコミュニケーション不足です。

障害者雇用で入社しても障害に対して理解のない会社や上司、同僚は存在する。

障害に理解のある企業もありますが、障害者雇用枠で入社しても障害に対して理解がなく、仕事を与えてくれない会社や上司、同僚は存在します。

障害者としては障害を理解してもらって充実した働き方をしたいですが、障害に対する理解不足を障害者本人の頑張りで改善するのはなかなか難しいです。

就職活動や転職をする時には、障害者雇用の実績があり、障害者に理解のある会社に出会うために「障害者向けの就活サイト」や「障害者向けの転職サイト」を利用しましょう。

障害者雇用でも仕事を与えないのは違法である。

障害者雇用で障害者に仕事を与えないのは違法です。

障害者だからといって、わざと仕事を与えなかったり健常者と差別するような行為は「障害者雇用促進法」や「障害者差別解消法」などの法律で禁止されています。

そのため障害者に仕事を与えない会社はブラック企業といえます。

仕事を与えられずに会社で居るだけになっているのは障害者本人の責任ではありません。

仕事がない時に障害者がやるべきこと

会社で仕事がもらえない時に障害者がやるべきことを紹介します。

上司や同僚ができることがわからなかったり、今の仕事内容に満足してると勘違いしていたり、そもそも暇してることにも気づいていないなんてこともあります。

仕事を増やしたい、今よりもやりがいのある仕事をもらいたい、そんな方はぜひ出来るものから実践してみてください。

会社で仕事がもらえない時に障害者がやるべきこと4つです。

  • 与えられている仕事に集中する
  • できる仕事はないか探す
  • 上司や同僚に自分ができる仕事はないか聞く
  • 同僚の仕事で自分にできそうなことを提案する

まずは今、与えられている仕事を完璧にこなしてやる気があるのを態度で見せましょう。

仕事が適当だと、仕事を増やさないことが配慮だと勘違いされてしまう危険性があります。

やる気がないと思われると次の仕事をもらえるチャンスも減ってしまいます。

仕事を真面目にこなしているのを上司が認めてくれれば新しい仕事をもらえるかもしれません。

仕事のやる気を態度で示しても気づいてもらえない時には、自分にできる仕事はないか探してみるのも大切です。

  • 仕事道具、テーブル・机、棚など身の回りのものの整理整頓、掃除
  • 観葉植物の水やり、コピー用紙、アルコール消毒液など消耗品の補充
  • シュレッダーなどのゴミ捨て

会社の仕事内容にもよりますが探せばなにかできることがあるかもしれません。自分からやり方やルールを聞いてチャレンジしてみましょう。

何を頼んだらいいかわからない上司や同僚も「これができるならこれも頼んでみようかな」と気づいてくれるかもしれませんね。

あなたがどんなに頑張っても反応がない時には、自分から上司や同僚に声をかけてみるのも有効です。

  • なにかすることはないですか?
  • 自分の仕事が終わったのでやれることがあれば教えてください!

こんな風に聞けば、やる気のアピールにもなって好印象、間違いなしです!

声をかけても仕事がもらえない時には、自分でできる仕事を提案してみるのもオススメ。

上司や同僚の中には、自分の仕事が忙しくて頼むものを考える時間がなかったり、何を頼めばいいかわからないという人もいます。

同僚や他の人の仕事を見て「あれなら私にもできるのになー」と思う仕事があれば伝えてみましょう。

  • 自分の分の仕事が終わったので、私がやりましょうか?
  • この仕事なら出来そうなので、私にやらせてもらえませんか?

具体的に自分のできる仕事の内容を伝えると分かりやすいですね。勝手にやると危険ですが、声をかけて許可をもらえばトラブルになることも少ないです。

提案した仕事をこなせれば、次から仕事をもらうチャンスが増えるのでやってみる価値はあります。できるものから挑戦してみましょう。

自分の力が発揮できるところに転職するのもアリ

ここまで仕事がもらえない時の対処方法をお伝えしました。

しかし実際には、いろいろ試しても仕事がもらえない、職場環境が悪く上司や同僚と上手くやっていけそうにない、そもそも障害者に対する理解を感じられないという人もいるでしょう。

そんな時には、転職するという選択肢もあります。

障害者に仕事を与えない会社は仕事内容は楽でも、スキルアップできないというデメリットがあります。仕事をもらえなければもちろん給料も低いままです。

障害者雇用だからしかたないとあきらめる必要はありません。障害者雇用でもやりがいのある仕事は見つけられます!

就活サイトなら、今の仕事を続けながら仕事を探せるのでリスクも少なく安心です。

障害者雇用で職場環境の良い会社に就職するには、障害者向けの就活サイトを利用するのがオススメです。

専任アドバイザーがつく就活サイトもあるので、転職のサポートも手厚く安心ですよ。

障害者向け就活サイトについては「大手勤務の障害者が選ぶ障害者向け就活サイトおすすめ5選 障害者のオススメ求人サイトを紹介します。」で紹介しています。

大手勤務の障害者が選ぶ障害者向け就活サイトおすすめ5選_障害別のオススメ求人サイトを紹介します。

障害者にわざと仕事を与えないのは違法ですが、障害に理解のない会社や上司、同僚は存在します。障害者雇用で仕事をあまりもらえず不満がある時には、転職も考えてみましょう。

障害に理解のある会社に出会うには、障害者向けの転職サイトがおすすめです。

障害者向けの転職サイトなら障害者に理解のある会社に出会えます。

障害者雇用でも充実した仕事内容の会社に就職することはできます。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
下記のボタンから友達追加をして私にメッセージを送ってください。

今すぐ無料で質問・相談する!

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

Youtubeでは裏話を話しています。

2022年よりYoutubeチャンネルを開設しました。

Youtubeではブログでは語れない障害者の恋愛、婚活、就活、仕事の悩みを解説しています。

今すぐ動画をチェックする

動画を観て「参考になる」「次も観たい」と思ったら高評価&チャンネル登録をお願いします!!

障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!
障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!