障害者の就職活動

障害者雇用が暇すぎる理由と対策を障害者雇用歴10年目が徹底解説します。

  • 障害者雇用で働いているけど周りに比べて仕事がなく暇な時間ばかりで会社でどう過ごせばいいか分からない。

実際に障害者雇用で働き始めたけど周りに比べて仕事がなく会社で暇な時間ばかりと悩んでいませんか?

この記事では 障害者雇用で働いているけど労移行支援事業所スタッフとの人間関係に悩む当事者に向けて「就労移行支援事業所スタッフとの人間関係に悩み行きたくないと感じた時の解決方法」を解説します。

えぬ

これまで200名以上の障害者の就職相談にのってきた私が解決方法を紹介します。

この記事を読めば、就労移行支援事業所スタッフとの人間関係に悩む理由と対策 が分かります。

えぬ

「高待遇の障害者雇用で働きたい」「今の職場に不満を感じて転職を考えている」「初めて就職活動をするので何から始めるべきか分からず不安」という方には 障害者雇用バンク をおすすめします!

障害者雇用バンク は「業界最大4000件以上の求人がある」「年収500万円以上の障害者雇用求人がある」「専属アドバイザーが求人検索から履歴書作成、面接対策といったサポート」「当サイト人気No.1」といったメリットがたくさんあります。

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

無料会員登録はたった3分で完了!!ハイクラス求人を今すぐチェック!!

その他にオススメの障害者向け就職エージェントはこちら!

身体障害専門エージェント・サーナ(全国)※無料面談でクオカード1000円がもらえる!

全国求人が豊富dodaチャレンジ(全国対応)

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

本記事の著者「えぬ」プロフィール

先天性の身体障害を持つ男性。障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SEとして働き、妻と子供と生活。本業収入600万円以上で現在は副業で複数ブログを運営し月6桁以上を稼ぐ。公式LINEでは200名以上の障害者から恋愛、就活、副業に関する悩み相談を受ける。恋愛経験0でも最速3ヶ月で恋人ができる障害者向け恋愛マニュアルを販売中

障害者の悩みを解決します

障害者雇用が暇すぎる理由

「障害者雇用が暇すぎる。」そう感じたことはありませんか?

この記事では、そんな障害者雇用に関する悩みや不満の実態と、改善方法を紹介していきます。

任せられる仕事が少ない

現状は障害者の特性に合わせて仕事を割り振るのが難しいと考える受け入れ側が多いです。そのため任せれる仕事が自ずと限られてしまいます。

大きな責任を負う仕事を任せにくいと考える受け入れ側も多く、ミスしてもカバーできる範囲のもので作業を割り振るため、結果的に軽作業や端的な仕事が多くなってしまうのが現状です。

障害者雇用の人数合わせで採用している

そもそもある程度の人数合わせとして採用する受け入れ側が多いのも事実です。そのため一人ひとりの特性に合わせた仕事の振り分けや切り出し方の提案が難しいというのがあります。

とりあえず適正うんぬんというよりかは、障害者雇用人数の数合わせで揃えてしまっている会社が多いのが現状です。

受け入れ側も、働く側がどんなことができて、なにが苦手でできないのかといった理解が十分にできていません。その結果、一人ひとりの能力や適正をうまく活用できていないという問題があります。

仕事を与えないのが配慮だと思っている(仕事量を控えめにしている)

受け入れ側は、働く側の負担になりすぎないようにと、あえて作業量や業務内容を控えめに指示したりします。受け入れ側はそれが障害者に負担を与えすぎないための配慮だと考えるからです。

ですがそのせいで働く側は作業が簡単すぎたり、作業量も少なくなりがちです。人によってはすぐに手が空いてしまうでしょう。雇う側と雇われる側の相互理解がうまくできていないのが原因です。

ですので積極的に職場の人とコミュニケーションをしていきましょう。自分にできる作業、得意なこと、逆にサポートがいることや苦手なことなども伝えてみましょう。そうすれば、よりあなたの適性や能力を理解してもらえるでしょう。

「自分は障害者だから理解してもらえないのは仕方ない。」と最初から諦めるのではなく、まずは理解してもらうためにできることから行動するのが大事です。

ですが障害者雇用の枠があっても、まだまだ一般企業で障害者に関して詳しい人やしっかりと理解できている人があまりいないのも事実です。であれば、職場の人と障害者をつなぐ、ジョブコーチを利用してみるのもよいでしょう。

ジョブコーチとは、あなたと職場の理解を深める時に、間をうまく取り繋いでくれる専門家です。ですので職場の人と話すのが難しいときにはジョブコーチを使ってみるのも一つの手でしょう。
※ジョブコーチを利用する際には、障害者雇用の職場の同意書が必要となります。

障害者雇用の人をサポートする暇がない

教える側は障害者をサポートするには、時間と労力がかかると考えています。なぜなら一人ひとりができること、できないことの適正や能力がわからないからです。その結果サポートを後回しにされ、時間をなかなかつくってもらえない障害者の人もいるでしょう。

であればサポート側の負担を減らすためにも、職場の人には自分の得意・不得意を事前に伝えておくとよいでしょう。職場の人の手が空いたタイミングで自分からサポートの依頼をしに行くのもよいですね。

社内ニートにならない対策

作業量が少なかったり、簡単すぎて手が空いてしまう社内ニートを増やさないために、まずは受け入れ側がある程度の対策をする必要があるでしょう。改善していくためにも受け入れ側と働く側での話し合いをするなど、相互理解を深めていくのも一つの手です。

対策として手が空いた時に何をするべきか、自分から上司に指示を仰ぐなど、積極的に行動していきましょう。手が空いたらやることをあらかじめリストにしておくのもよいです。

ほかにも任せられた仕事にミスがなかったか、再度確認してみましょう。教えてもらった内容を復習したり、毎日学びや気づきはでてくるので、その都度メモをして振り返りの時間にあてるのもよいですね。

職場の人の作業負担を減らすためにも、自分がサポートに回れる仕事は他にないか考えてみましょう。

面接時に仕事内容を確認する

面接時には、どんな仕事内容なのか事前に確認しておくのは大事です。疑問や不安におもっていることは、あらかじめ聞くとよいでしょう。そうすれば作業内容が自分に向いているか、向いていないかがよりわかります。

あとは実際に障害者雇用で仕事をされてる社員の方から話を聞いてみましょう。そうすればリアルな職場環境を聞けて、イメージが湧きやすいからです。面接の時とはまた違った話も聞けるかもしれません。

実際に気になっている職場へ見学に行くなど、下見をしてみるのもいいでしょう。「働いてみたらおもってたのと違った。」「仕事内容が不向きだった。」と後になってから後悔しないよう、事前にしっかりとリサーチしておくとよいです。

障害者雇用の社員がいるか確認する(前例があるかの確認)

障害者が既に社員で働いているか確認してみましょう。前例があれば、受け入れ側もある程度の知識と経験があるため、サポートがしやすいです。

障害者がすでに働いている場合は、障害者雇用のサポート体制が整っていたり、理解がされやすい環境といえます。実際に働いている社員にリアルな職場環境を聞いたりもできるでしょう。

障害者雇用で社内ニートになった場合の対処法

社内ニートになってしまった場合は、他に任してもらえる作業がないか、上司に聞いてみましょう。

職場の人に社内ニートになりつつある現状を相談してみるのもいいです。意外と相談してみたら、職場の人はあなたがとても頑張って働いてくれていると考えている可能性もあるからです。

振り分けた作業内容が忙しいのか・暇なのか、簡単なのか・難しいのか。それらは一般の人では理解が難しいため、もしかすると本人だけが社内ニートだとおもっている可能性もあるからです。

あなたから、現場でどう感じているのかを、職場の人にしっかりと伝えてみましょう。自ら積極的にコミュニケーションがとれれば、互いの理解も深まります。そうすれば職場の人も他の仕事を振り分けやすくなります。

手がいっぱい人に「自分も手伝う」と声掛けして業務を引き受ける

忙しくて大変そうな人がいたら、「何かお手伝いしましょうか?」と一言声をかけてみましょう。そうすれば周りの作業の負担を減らしたり、新しい仕事を学ぶ良い機会になります。また周りを見て行動ができると職場の人に思ってもらえます。

ときには職場の人に声かけをして、自ら業務を引き受けてみるとよいでしょう。

スキルアップのために自主学習する

周りに実力を認めてもらうために、自主学習を始めてスキルアップに励んでみるのもよいです。職場の人に「よければ教えてもらえませんか?」とお願いしてみましょう。

できるようになったことは、積極的に職場の人に伝えていきましょう。そうすれば任せてもらえる仕事の幅も広がります。あなたが何ができて、なにができないのか。それはあなたにしかわかりません。
だからこそ苦手だったりサポートが必要なこと、できることや得意なことを伝えておけば、周りもあなたをより理解できるでしょう。

どうしても社内ニートに耐えられない場合は転職・退職を検討する

どんな仕事であっても、時にはつまずいたり、悩んだり、向いてないんじゃないかと考えるのは誰しも一度はあるものです。決してあなただけではないので安心してください。

どんなに簡単におもえる仕事でも、真面目に一生懸命に取り組めば、新しい気づきや発見があります。

そしてどんな仕事でも必ず誰かの役に立っています。だからこそ社内ニートだと落ち込むより、今任された仕事に全力で取り組んでいこうと開き直ってみませんか?

ですが、どうしても社内ニートに耐えられない場合は、転職や退職を検討してみるのもよいでしょう。次の転職先では、職場環境を事前にリサーチし、できるだけ自分にあった仕事に就くための対策をしておくとよいですね。

たとえば、あなたにの強みやアピールポイント、得意なことやできることはなんでしょうか。逆に苦手なことはどう克服してきたのか。それらをしっかりと伝えれるよう準備しておくとよいでしょう。

今のうちからスキルを増やし、できることを一つでも多く増やしておけば、次の転職活動のときに自身を強くアピールしていけます。
また、転職エージェントなどの転職サイトを利用するなどして、さまざまな受け入れ先を調べてみるのもよいでしょう。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!
障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!