障害者の恋愛

精神障害者が恋人募集して成功する方法を既婚障害者が徹底解説します。

  • 恋人募集をしているけど異性と出会えない。
  • 自分の病気を理解してくれる異性を見つけたい。

精神障害が原因で恋愛に悩んでいませんか?

この記事では恋愛に悩む発達障害者に向けて「精神障害があっても恋愛でうまくいく方法」を解説します。

えぬ

これまで200名以上の障害者の恋愛相談にのってきた私が健常者と出会い結婚する方法を紹介します。

この記事を読めば、精神障害を理解してくれる恋人の見つけ方が分かります。

えぬ

「とにかくおすすめのマッチングアプリを知りたい」という方はマリッシュをおすすめします!

マリッシュは「16秒に1組マッチングして平均3ヶ月以内にカップルになる」「障害に理解のあるコミュニティがあるので障害者と知った上で恋人探しができる」「当サイト人気No.1」といったメリットがたくさんあります。

今なら女性は完全無料、男性も一部機能を除き無料会員からスタートできます!

まずは無料会員から始める

またオーネットが無料で提供する診断テスト「結婚チャンステスト」を使い理想の異性を知れば無駄な相手にアプローチせずマッチング率をアップできます!

【無料】診断テストの申込は3分でたった完了!

精神障害者の結婚・恋愛事情

「障害」をもっていることは、結婚や恋愛にどのような影響があるのでしょうか?

また、一口に「障害」といっても、「身体障害」など精神障害以外の障害を持つ人の結婚・恋愛事情と比較して、精神障害を持つ人の場合はどのような違いがあるのでしょうか?

障がい者雇用に関する調査や研究を行う「障がい者総合研究所」による具体的なデータからそれぞれ分析していきましょう。

精神障害者で現在恋人がいるのは約18%

障がい者の恋愛に関する意識調査」によると交際していない障害者の7割が交際を希望している一方で、交際中の障害者は2割に留まるという結果がでています。

さらに、交際経験のない人の割合は身体障害者より精神障害者の方が約1.7倍多く、精神障害者で現在恋人がいる人は約18%という結果が出ています。

このことから、障害を持つ人の中でも精神障害をもつ人は交際経験のない人の割合が高いといえます。

精神障害者で結婚しているのは約34.6%

また先ほどの 障がい者の恋愛に関する意識調査」 によると未婚の障害者のうち66%が「いずれ結婚するつもり」と、結婚願望を示している一方で、未婚の障害者は74%、既婚の障害者は26%に留まるという結果がでています。

また、健常者の場合は既婚の割合が約57.4%、未婚の割合が約26.4%であるため、比較すると障害を持つ人の方が未婚率は高いといえます。

さらに、精神障害者と身体障害者で結婚している人の割合を比較したところ、精神障害者は約34.6%、身体障害者は約60.2%であり、精神障害者は身体障害者よりも既婚率が低いことが明らかとなっています。

精神障害者だと恋人ができにくい理由

では、精神障害をもっていることにより、なぜ恋人ができにくいのでしょうか?

その理由としては大きく分けて2つ挙げられます。

1つは年収が低いこと、もう1つはコミュニケーションが苦手であることです。

では、それらがどのように「恋人ができにくい理由」とつながってしまうのか、その要因について見ていきます。

年収が低い

厚生労働省が公表している「平成30年度障害者雇用実態調査」によると、平成30年5月の障害者枠で働く精神障害者の平均賃金は12万5千円とされています。

これを12か月分として年収を計算すると、約150万円となります。

この金額は、平成30年時点の一般雇用における平均年収である約306万円の半分以上の金額であり、明らかに精神障害者の年収が低いことが分かります。

年収が低いことは、恋人ができにくい一因でもあります。

仮に結婚した場合、結婚後の一年以内でかかる費用は結婚式の費用や生活費等を合わせて約700万円以上かかるとされています。

精神障害者の年収が約150万円であることを考えると、結婚後にかかる「約700万円」という金額は大金であり、気の遠くなるような金額ともいえます。

このように年収が低いことは、恋愛や結婚後にかかる費用の工面が難しいことや、経済面において生活の質を保つことができないなどの理由から、恋愛に結び付きにくいといえるのです。

コミュニケーションが苦手

精神障害者はコミュニケーションが苦手とされています。

精神疾患を代表とするうつ病や統合失調症などの疾患は、「ドーパミン」と呼ばれる物質が脳内での分泌バランスが崩れることによって引き起こる疾患だとされており、ドーパミン分泌のバランスが崩れることは、コミュニケーションにも大きく影響します。

ドーパミンの分泌が強い場合には人に対して攻撃的な態度となることがあり、反対にドーパミンの分泌が弱い場合には、人に対して無関心になることや、人と接すること自体に対して無気力となることがあります。

つまり、うつ病や統合失調症の症状が強く出ている、「発症している状態」の時は、コミュニケーションを上手くとることが難しくなります。

恋愛や結婚は、言い換えると「特定のパートナーとコミュニケーションをとる関係を築くこと」でもあり、「恋愛」や「結婚」と、「コミュニケーション」は切っても切り離せないものでもあります。

これらのことから、精神障害者は、コミュニケーションが苦手なことにより、恋人ができにくいといえるのです。

障害を理解してくれる恋人の見つけ方

精神障害を持つ人でも恋愛をしていくためには、障害を理解してくれる恋人を見つけることが重要となります。

では、どのようにすれば障害を理解してくれる恋人を見つけることができるのでしょうか?

方法としてはマッチングアプリを活用することや、結婚相談所を活用することが効果的です。

障がい者総合研究所の調査によると、恋人のいる障害者のうち、37%は結婚相談所やSNSなどのWEBサービスといった一般の婚活・恋活サービスを利用したことで交際相手と出逢っていることが明らかとなっています。

また、恋人のいる障害者のうち10%は障害者専門の婚活・恋活サービスを利用していることが分かっています。

さらに障害別で比較すると、結婚相談所やSNSなどのWEBサービスといった一般の婚活・恋活サービスを利用して交際相手と出逢った精神障害者は42%であり、身体障害者の32%を上回る結果となっています。

「マッチングアプリ」と「結婚相談所」の違いや、それぞれの特性について以下でくわしく見ていきます。

マッチングアプリで見つける

「恋愛を楽しみたい」という方や、「気の合うパートナーを探したい」という方にはマッチングアプリがおすすめです。

マッチングアプリにも様々なものがあり、障害を持つ人向けのマッチングアプリもあります。

また、マッチングアプリを活用するメリットとして、「表面的な部分だけで評価されにくい」というものがあります。

マッチングアプリの場合、実際に異性と会う前に、連絡を取り合うことが多いため、趣味や性格、価値観など内面的な部分をある程度知り合った上で、交際に発展させることができるのです。

さらに、マッチングアプリは入会のハードルが比較的低いため、誰でも簡単に利用することができることも魅力の1つです。

結婚相談所で見つける

マッチングアプリと結婚相談所の大きな違いは「結婚相手を探すことへの本気度の違い」といえます。

マッチングアプリの場合は比較的簡単に入会することができ、料金も無料もしくは低価格であることに対して、結婚相談所の場合は、入会にもある程度の条件があることや、料金も有料のものがほとんどです。

そのため、「本気で誰かと結婚したい」という強い意志を持つ人の場合は、結婚相談所で結婚相手を探すことが効果的だと考えられます。

結婚相談所は大きく分けて、「従来の結婚相談所」と「オンライン結婚相談所」の2種類があります。

従来の結婚相談所には、障害者の人が入会でき、気兼ねなく婚活ができるものが多く存在します。

特に、障害に対して理解のある会員や婚活アドバイザーが在籍している結婚相談所の場合は、婚活アドバイザーがお見合いに付き添ってくれるサービスや、お相手を探してお見合いの申し込みまで行ってくれるサービスがあります。

そのため、精神障害をもつ人でも、安心してスムーズに婚活を行うことができます。

一方で、オンライン結婚相談所とは、結婚相談所の店舗に来店しなくても入会できるインターネット上で行う結婚相談所のことです。

オンライン結婚相談所の大きなメリットとしては、入会手続き等もインターネットで完結することと、料金が一般的な結婚相談所よりも安価であることが多いことです。

そのため、インターネットの使用に慣れている方の場合は、オンライン結婚相談所を利用することが良いでしょう。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!
障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!