障害者の恋愛

発達障害が原因で恋愛を諦める理由と対処法を専門家が徹底解説

  • 発達障害が原因で恋愛がうまくいかない。
  • 発達障害を受けて入れてくれる恋人がほしい。

発達障害が原因で恋愛に悩んでいませんか?

この記事では恋愛に悩む発達障害者に向けて「発達障害者が恋愛で上手くいかない理由と対策」を解説します。

えぬ

これまで200名以上の障害者の相談にのってきた私が解説します。

この記事を読めば、発達障害があっても恋人ができる方法が分かります。

えぬ

「とにかくおすすめのマッチングアプリを知りたい」という方はマリッシュをおすすめします!

マリッシュは「16秒に1組マッチングして平均3ヶ月以内にカップルになる」「障害に理解のあるコミュニティがあるので障害者と知った上で恋人探しができる」「当サイト人気No.1」といったメリットがたくさんあります。

今なら女性は完全無料、男性も一部機能を除き無料会員からスタートできます!

まずは無料会員から始める

またオーネットが無料で提供する診断テスト「結婚チャンステスト」を使い理想の異性を知れば無駄な相手にアプローチせずマッチング率をアップできます!

【無料】診断テストの申込は3分でたった完了!

発達障害だと恋人ができにくい理由

発達障害があるとその特性から人間関係の困難さを感じることが多くこれは恋愛にも当てはまります。コミュニケーションが苦手、変な人と思われてしまいやすいため恋人ができにくい傾向にあります。

コミュニケーションが苦手

発達障害の方はコミュニケーションに苦手意識を感じている場合が多いです。持っている特性は一人ひとり異なりますが、社会性や想像力が低いため人間関係が築きにくいです。

ADHDの特徴である不注意、多動性、衝動性が原因で恋人とのトラブルが生じることもあります。不注意ゆえに大切な記念日を忘れてしまったり、衝動性が強いがゆえに相手の気持ちがわからず相手を傷つけてしまう発言や行動をしてしまうことなどがあります。

ASDの特徴であるコミュニケーションの困難さが原因の場合もあります。言葉のニュアンスを読んだり、相手の気持ちを考えることが苦手なので、相手を怒らせてしまうことがあります。空気を読むのが苦手なため、余計な一言で場の雰囲気を悪くしてしまうこともあります。また、手順通りに進めることに強くこだわることでケンカに発展してしまうこともあるでしょう。

発達障害の特性上、恋人とのコミュニケーションを苦手と感じてしまいやすい傾向にあります。

変な人と思われて避けられる

好きな人や気になる人ができても変な人と思われてしまい避けられてしまうパターンも多いようです。コミュニケーションが苦手のため、空気が読めないおかしな人と思われてしまうのです。

例えば、まだあなたの事をよくわかっていない初対面の方に対して失礼な発言やTPOにそぐわない言動をしてしまったり、自分の話に没頭しすぎて他のことに対応できていなかったりと不適切なコミュニケーションである場合が多いです。

自分中心の言動や行動ばかりで周りに配慮ができないと、やはり変な人と思われ、避けられがちといったことになってしまいます。

発達障害でも恋人を作る方法 

発達障害でも恋人を作るにはとにかく色んな人と出会い自分にあう人を見つけたり、気持ちを共有する事ができる同じ発達障害の恋人を見つけたりと方法は様々です。

とにかく色んな人と出会い自分にあう人を見つける

恋人を作るには色んな人と出会い、自分にあう人を見つけることが大切です。飲み会や食事会に参加するようにする、家と仕事以外にコミュニティを持つなど新しい人との出会いのチャンスを見逃さないようにしましょう。その時は清潔感のある好感度の高い身だしなみを心がけ、実際に話をする時は相手の話をしっかり聞くように意識してください。

また、自分に合う人を見つけるためには発達障害を隠さない事も重要です。恋人にはあなたの特性を理解した上での対応が求められるためです。仮に発達障害の事を隠して付き合っても、相手の方はどこかおかしいと感じてしまうでしょう。初対面ですぐに伝える必要はないですが、デートを重ねてタイミングをみて伝えるようにしてみて下さい。

とにかく色んな人に出会うことで自分に合う人へ出会える確率を高めることができます。積極的に出会いの場へ足を運んで素敵な恋人を見つけましょう。

同じ発達障害の恋人を見つける

恋人をつくるには、同じ発達障害の恋人を見つける方法もあります。職場での同じ障害者枠の採用や就労移行支援所で知り合うケースもあります。

まず、同じ発達障害の恋人の場合はお互い何が得意で何が苦手なのかを知り、苦手な事をカバーし合う事が大切です。例えば、忘れっぽいという特性がゆえデートの予定をすっぽかしてしまったトラブルに対しては、デートの前日や当日に予定を再度確認し合う、スマートフォンの通知機能を駆使するなど特性に応じて対策していく必要があります。

当事者自身が自分の特性を正しく理解することは重要であり、お互いの得意・不得意をよく知ったうえで関係性を築いていくことでトラブル回避となるでしょう。

発達障害におすすめの出会い方

発達障害の方が恋人を探している時のおすすめの出会い方はマッチングアプリや結婚相談所があります。

マッチングアプリ

一つのアプリでたくさんの相手と出会えるので自分にあった相手が見つかるマッチングアプリがおすすめです。

趣味の合う人を絞って出会える検索機能もあります。スマホのみで空き時間を活用して使えるので、とても手軽に始めることができます。友達からOKの人も多いため、恋愛に苦手意識があっても大丈夫です。

目的が恋愛なのか結婚なのか棲み分けもされているので、同じ目的を持った人どうしでマッチングしやすいです。また障害をオープンにして理解のある方と繋がろうというコンセプトの障害者向けのマッチングアプリもあり、地域、年齢、はもちろん、障害特性を指定して検索をすることもできます。

結婚相談所

結婚を見据えている場合は結婚相談所もおすすめです。

結婚相談所を利用すると婚活のプロの専属アドバイザーがつくので恋愛の困った、悩みを相談しながら進めることができます。アドバイザーは本人の趣味や性格、好みに合った人を紹介してくれます。そのため婚活の成功率がぐんと上がります。

また、プロフィール欄には発達障害である事をオープンにせず活動することもできる結婚相談所もあります。もちろん障害があることをいつかは異性に言う必要がありますが、活動自体は非公開でしていく選択肢もあります。

発達障害でも恋人はできる!諦める必要はない

発達障害を抱えていると恋愛に対して難しさを感じる傾向にありますが、世の中には発達障害を抱えていても恋愛や結婚をしてパートナーと幸せに暮らしている方はたくさんいます。諦める必要は全くありません。発達障害があっても恋人をつくるコツは自分に合った人を見つけることです。さらに自分の特性を理解し対策することで、コミュニケーション能力が上がり良い人間関係を築く事ができるようになります。まずはとにかく色んな人に出会うことが大切です。飲み会へ足を運んだり、マッチングアプリや結婚相談所を利用してみたり出会いの場を増やしていきましょう。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!
障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!