【当事者の声】ADHDだと結婚しない方がいい理由と結婚できるコツを紹介します。

ADHDを抱えると、結婚生活は本当に困難なのでしょうか?この疑問に答えるために、ADHDと結婚の複雑な関係を探求します。専門家の意見や実体験に基づき、ADHDが個人の結婚観にどのように影響するか、また、パートナーシップにおける独特の挑戦とそれを乗り越える方法を考察します。

この記事では、ADHDを持つ人々が結婚を考える際の不安や疑問に光を当て、さまざまな視点から理解を深める手助けをします。

結婚は一人ひとりにとって異なる意味を持ち、ADHDはその旅に特別な色を加えるのです。

本記事の著者「えぬ」プロフィール

先天性の身体障害を持つ男性。障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SEとして働き、妻と子供と生活。本業収入600万円以上で現在は副業で複数ブログを運営し月6桁以上を稼ぐ。公式LINEでは600名以上の障害者から恋愛、就活、副業に関する悩み相談を受ける。恋愛経験0でも最速3ヶ月で恋人ができる障害者向け恋愛マニュアルを販売中

障害者の悩みを解決します

ADHDは結婚しない方がいい理由

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は、日常生活や職場、人間関係において多くの課題をもたらすことがあります。

特に結婚という密接な人間関係では、ADHDの影響がより顕著に現れることがあり、それが結婚しない方が良いという考え方を生む原因となることがあります。

健常者に比べて障害者は年収が低い

ADHDのある人々は、集中力の低下や時間管理の困難さ、衝動性などの症状により、職場でのパフォーマンスが影響を受けることがあります。

これが原因で、健常者に比べて昇進の機会が少なくなったり、安定した職を維持することが難しくなることがあります。

結果として、年収が低くなる可能性が高くなり、これが経済的な負担やパートナーとの関係にストレスをもたらすことがあります。

パートナーに病気の特性を理解してもらえない

ADHDの特性を十分に理解していないパートナーは、ADHDのある人の行動や反応を誤解することがあります。例えば、忘れっぽさや注意散漫さが不注意や無関心と捉えられることがあります。このような誤解は、相互の信頼関係を損ない、結婚生活におけるコミュニケーションの障害となることがあります。このため、ADHDのある人はパートナーとの関係を維持するために追加の努力が必要となる場合があります。

【リアルな声】ADHD当事者の結婚観

ここからADHD当事者の結婚に対するリアルな声を紹介します。

SNSにあるリアルな声

ADHDがあっても結婚はできる

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は日常生活に様々な影響を及ぼしますが、それが結婚を不可能にするわけではありません。ADHDがあっても幸せな結婚生活を送っている人々は数多く存在し、彼らの経験から学ぶことは多くあります。

ADHDがあっても結婚している人はいる

ADHDを持つ多くの人々が、成功した結婚生活を送っています。重要なのは、ADHDの特性を理解し、これに適応することです。多くのカップルは、コミュニケーションの技術、時間管理、ストレス緩和の方法など、日々の課題に対処するために共同で取り組んでいます。また、ADHDのある一方が困難に直面している時、もう一方がサポートを提供することで、お互いの絆を強化することができます。

ADHDの特性をパートナーに理解してもらう

ADHDのある人が結婚生活で成功するためには、パートナーがADHDの特性を理解し、これを受け入れることが重要です。ADHDによる課題は、しばしば誤解を招くことがありますが、これらが病気の一部であり、個人の意志とは無関係であることを理解することが重要です。カップルが一緒になってADHDについて学び、対処方法を見つけることで、より強固な関係を築くことができます。

年収は高いほど婚活では有利になる

経済的安定は結婚において重要な要素の一つです。ADHDのある人でも、自分の能力を最大限に活かし、キャリアを築くことで高い年収を得ることが可能です。高い年収は婚活において一定の利点をもたらし、結婚相手を見つける際に有利に働くことがあります。しかし、経済的な要因だけでなく、相互の理解や愛情、価値観の共有など、結婚においては他の多くの要素が重要です。

ADHD同士は惹かれ合うのか?

注意欠陥・多動性障害(ADHD)を持つ人々が互いに特別な魅力を感じ合うかという問いは、心理学や行動科学の領域で興味深い議論の一つです。人々が恋愛や友情で惹かれ合う理由は多岐にわたりますが、ADHDの存在がこれらの関係にどのように影響を及ぼすかについては、科学的な根拠は限定的です。

惹かれ合うといった科学的根拠はない

現在のところ、ADHD同士が特別に惹かれ合うという明確な科学的証拠はありません。人間関係における引き寄せられる力は、多くの要因によって影響を受けます。これには共通の興味、背景、価値観、個人的な魅力などが含まれますが、ADHDという特定の状態がこれらの要因を超えて特別な魅力を生むという証拠は確立されていません。

それでも、ADHDを持つ人々がお互いに共感や理解を感じることはあるかもしれません。これは、同じような課題や経験を共有しているために起こり得ます。共感や共通の理解は人間関係の形成において重要な役割を果たすため、この点においては、ADHDを共有する人々が互いに特別な絆を感じる可能性があります。

しかし、これはADHD同士が互いに惹かれ合うというよりは、同じ経験を持つ人々が相互理解を深めるという一般的な人間関係の原理によるものです。したがって、ADHDを持つ個人が他のADHDを持つ個人に特別に惹かれるという直接的な科学的根拠は存在しないと言えます。人間関係は複雑で多面的であり、ADHDのような特定の状態がそれを完全に定義することはありません。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で相談したい。
  • 個別に恋愛や転職の悩みを相談したい。

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

障害者が恋愛、就活で結果を出す方法やライフハックを発信🙌先天性の障害者♂👨障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SE、既婚者🥰📚累計600名以上の障害者からの恋愛、就活相談対応🏢

コメント

コメントする

CAPTCHA