障害者の就職活動

軽度知的障害だと仕事が続かない理由と対策を徹底解説

  • 軽度知的障害が原因で仕事がうまくいかない。
  • 軽度知的障害があっても仕事で上手くいく方法を知りたい。

軽度知的障害が原因で仕事に悩んでいませんか?

この記事では仕事に悩む軽度知的障害者に向けて「仕事が続かない理由と対策」を解説します。

えぬ

これまで200名以上の障害者の相談にのってきた私が解説します。

この記事を読めば、軽度知的障害があっても仕事が上手くいく方法が分かります。

えぬ

「高待遇の障害者雇用で働きたい」「今の職場に不満を感じて転職を考えている」「初めて就職活動をするので何から始めるべきか分からず不安」という方には 障害者雇用バンク をおすすめします!

障害者雇用バンク は「業界最大4000件以上の求人がある」「年収500万円以上の障害者雇用求人がある」「専属アドバイザーが求人検索から履歴書作成、面接対策といったサポート」「当サイト人気No.1」といったメリットがたくさんあります。

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

無料会員登録はたった3分で完了!!ハイクラス求人を今すぐチェック!!

その他にオススメの障害者向け就職エージェントはこちら!

身体障害専門エージェント・サーナ(全国)※無料面談でクオカード1000円がもらえる!

全国求人が豊富dodaチャレンジ(全国対応)

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

軽度知的障害があると仕事が続かない理由

軽度発達障害があると仕事を辞めたいと感じ仕事を続けることが難しい場合があります。原因はコミュニケーションや人間関係に悩んだり、一般社員に比べて給料が安い事であることが多いです。

コミュニケーションや人間関係に悩む

軽度知的障害者はコミュニケーションや人間関係に悩んでいるケースが多いです。コミュニケーションが未熟で細かいニュアンスや抽象的な表現理解などが苦手なので言葉の通りにそのまま受け取ってしまったり、感情のコントロールができず衝動的な行動をしてしまいます。

また、職場の人は障害者と接する機会がない場合がほとんどです。特に軽度知的障害者の場合は体の不自由さがなく、一般的な生活が可能なので周囲の方からの理解が得にくいことがあります。そのため、障害者にとっての困りごとを解消するための合理的配慮の内容がうまく周囲の方に伝わらず悩んでいる障害者も多いです。職場の人中には障害者枠の人に配慮することを負担と感ている人もいるでしょう。

実際には上司や職場の人対応にストレスを抱えてしまったり、自分の思いが相手に伝わっていないことで起こる対人関係のトラブルが起きています。

また職場の人に暴力や暴言、無視や仲間はずれなど精神的・身体的な嫌がらせやいじめを受けたり、障がいにより出来ないことまで無理に任された、同僚にバカにされたというケースもあります。これらはパーソナルハラスメントに該当し厳格に対応する必要があります。

このように職場での人間関係に不安感を抱えては仕事を続けていくことはとても難しいです。

一般社員に比べて給料が安い

一般社員に比べて給料が安いことも仕事が続かない原因となります。一般枠と比べた障害者枠の大きな違いは、さまざまな場面において配慮がされることです。障害者枠は障害があることを前提として採用しているため、一人ひとりの障害特性などに応じた配慮があります。勤務日数や時間、出勤方法、休憩の取り方、仕事内容といったあらゆる部分に対して障害者にとって働きやすいような配慮があります。

しかしその分、給与体制は基本給が低い、昇給がない、生活できる水準に達していない場合がある事が現状です。障害者は体調の問題などで労働時間が短くなる傾向がありその分給料も安くなります。給料が安いとモチベーション維持が難しく仕事が続かない原因となります。

軽度知的障害者に向いている仕事

軽度知的障害者に向いている仕事はどういった仕事があるのでしょうか。特性を考慮したり状況は一人ひとり異なりますが、単調な仕事や人とのかかわりが少ない仕事が向いています。職種は事務作業、倉庫業、清掃業など幅広くあります。

事務作業

事務作業はパソコンでのデータ入力、書類作成や整理、郵便物の仕分け、荷物発送や電話・来客対応など広範囲にに渡ります。決められた仕事をルーティーンでこなす内容も多いので自分のペースで働くことができます。求人をチェックするときは、仕事内容が自分に合っているかどうかを確認しましょう。

倉庫業

倉庫業は、物品を倉庫などで保管・管理する事業であり物流の中核となる業種です。業務内容は届いた荷物の荷下ろし、検品、ピッキング、梱包やラベル張り、トラックへの積み込みなどです。扱う商品は、食品や工業製品や家電、農業用品など様々です。肉体労働が多い傾向にあり、1人で行う作業がほとんどです。接客業のようなコミュニケーションは必要ありません。

清掃 

清掃業とは、決まった時間や場所を清掃する仕事です。清掃場所は一般住宅、ビル、病院、ホテルと様々です。人の活動に応じてニーズがあるので、求人数が安定しています。最近は共働き家庭や高齢者の増加しているため一般家庭での需要が高まってきています。短時間勤務でも調節して働く事ができます。人とコミュニケーションをとることも少ないです。

ハウスクリーニング技能士など目指せるスキルアップのための資格もあります。

会社に行きたくないときの対策

人間関係のストレスや悩みなどが原因でもう会社に行きたくないと感じてしまった時は上司に悩みを相談したり、相談しても解決できない場合には転職や退職も検討しましょう。

上司に仕事の悩みを相談する

会社に行きたくないと感じた時は上司に仕事の悩みを相談することがおすすめです。悩みに対して客観的な意見やアドバイスをしてくれたり、上手く合わない相手との業務を避けるといった配慮もしてくれます。障害者の仕事に対する配慮や理解は同僚や上司とよく話し合い、業務改善や工夫を重ねることで一緒に作りあげていくものです。

また、悩みを相談する前は自分は今後どうしていきたいのか一旦考えを整理しておきましょう。相談時は感情まかせにならないように、人への悪口や愚痴となってしまわないように気を付けましょう。内容を分かりやすく簡潔に伝えるようにしてください。

上司に仕事の悩みを相談することで自分の業務に対する不満点を理解してもらい、今後満足感を持って仕事に取り組めるように一緒に解決策を見つけていきましょう。

転職を考える

何度も上司や同僚と話し合っても状況が変わらないのなら転職考え、あなたに合った就職先を探しましょう。

人間関係で悩みを持って働き続けては体調不良や病気の悪化を引き起こす可能性もあり、ストレスや不安感を抱え精神的にもとても辛くなってしまいます。

仕事内容や給与面での待遇に不満がある場合は転職で解決することができます。転職エージェントでは大手企業をはじめ、障がい者採用に積極的な優良企業の情報をたくさんチェックすることができます。業種・職種・地域・障がい内容などさまざまな角度から求人情報を明確に知ることができるのでスムーズに就職活動をすることができます。あなたの特性を生かすことができる別の環境を探しましょう。

辛すぎる場合は退職を考える

どうしても辛すぎ場合は退職も考えてください。本当に仕事内容が合わなかったり、精神的・身体的な嫌がらせや人間関係に悩み、仕事に疲れた時は休養の時間を取りましょう。精神的ダメージが蓄積して限界を迎え頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、胃の痛み、何もやる気がでないなど不調のサインが出たら要注意です。

体調を崩す前に退職し、体や心を休める工夫をしましょう。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!
障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!