就労移行支援事業所

就労移行支援スタッフが「嫌い」「苦手」行きたくない時にやるべき事を徹底解説します。

  • 就労移行支援事業所に通ってるけどスタッフとの相性に問題があって行きたくない

就労移行支援事業所スタッフとの人間関係に悩んでいませんか?

この記事では 就労移行支援事業所スタッフとの人間関係に悩む当事者に向けて「就労移行支援事業所スタッフとの人間関係に悩み行きたくないと感じた時の解決方法」を解説します。

えぬ

これまで200名以上の障害者の就職相談にのってきた私が解決方法を紹介します。

この記事を読めば、就労移行支援事業所スタッフとの人間関係に悩む理由と対策 が分かります。

えぬ

「とにかくおすすめの就労移行支援事業所を知りたい」という方にはLITALICOワークスをおすすめします!

LITALICOワークスは「11,000名以上の就職実績があり一般会社への就職を目指す人におすすめ」「働く上で実際に役立つ200以上の独自プログラムがあるので就職後の職場定着率は91%超え」「全国100ヵ所以上の事業所があり都市部はもちろん地方在住でも通所しやすい!」「当サイト人気No.1」といったメリットがたくさんあります。

無料見学の申込は公式サイトからたった3分で完了します!

まずは無料見学をしてみる

その他にオススメの就労移行支援事業所はこちら!

ランチと交通費の支給ありココルポート(首都圏、大阪、福岡)

精神・発達障害専門こねくと(大阪)、atGPジョブトレ 発達障害コース(首都圏、大阪)

うつ病専門atGPジョブトレ うつ症状コース(首都圏、大阪)

統合失調症専門atGPジョブトレ 統合失調コース(首都圏)

まずは無料見学を申し込んで実際に事業所の雰囲気を見てみましょう!

本記事の著者「えぬ」プロフィール

先天性の身体障害を持つ男性。障害者の恋愛や就職に苦労するも現在は大手企業の障害者雇用枠で正社員SEとして働き、妻と子供と生活。本業収入600万円以上で現在は副業で複数ブログを運営し月6桁以上を稼ぐ。公式LINEでは200名以上の障害者から恋愛、就活、副業に関する悩み相談を受ける。恋愛経験0でも最速3ヶ月で恋人ができる障害者向け恋愛マニュアルを販売中

障害者の悩みを解決します

就労移行支援スタッフが「嫌い」「苦手」と感じる原因

人の性格や価値観は様々であり相性が合わず「嫌い」「苦手」と感じる就労移行支援スタッフもいるでしょう。そう感じる原因は自分の病気を理解してくれない、嫌がらせをされたと感じる経験をしたためです。

自分の病気を理解してくれない

就労移行支援スタッフの対応によっては自分の病気を理解してくれず苦手だと感じることもあるでしょう。就労移行支援スタッフの性格や価値観も様々であり、あなたの全てを理解することは難しいです。しかし利用者は体調管理や自身の特性を理解した上で就労することが難しい状況です。就労移行支援スタッフである以上は病気や特性についてもっともっと知識をつけていかなければなりません。あなたを理解しようともせず安易に「ダメ」「努力が足りない」などと否定するといった行為は支援者としてとても不適切です。

嫌がらせをされた

就労移行支援スタッフは大半の方はとても親身になってあなたの就労活動の支援をしてくれます。就労移行支援スタッフにとって一生懸命が故の対応をあなたは「嫌がらせ」と捉えてしまっていることもあるでしょう。就労移行支援スタッフに対して不信感やストレスを感じた場合は適切なコミュニケーションをとりましょう。

しかしどの業界であってもわざと、人が嫌がるようなことをしたり、言ったりをする人は残念ながら一定数存在します。暴力や暴言、無視や仲間はずれなど精神的・身体的な嫌がらせを受けることでストレスや不安感を抱えては精神的にとても辛くなってしまいます 。嫌がらせをされた事で傷ついてしまったり辛い思いをされているのなら、必ず管理者へ相談してください。解決策を模索するべきです。

就労移行支援事業所に行きたくないと感じる原因

就労移行支援事業所の雰囲気が合わないと事業所へはもう行きたくないなと感じてしまいます。原因としては就労移行支援スタッフや他の利用者の方との人間関係がうまくいっていない、就労移行支援事業所のプログラム内容が合わないといったことがあります。

人間関係の問題

人とコミュニケーションを取る事が苦手だったり、これまで続けてきた仕事が原因で体調やメンタルを崩してしまったりと利用者一人一人状況は様々です。そのため利用者間の人間関係は難しく問題が生じやすい場合があります。相手の発言の意図や心情理解が困難なため、「空気が読めない」発言をしてしまう特性を持った人もいます。心の距離感がわからず、関係性に対して近すぎる、遠すぎる、といった弊害が起こることもあります。

また、就労移行支援スタッフや他の利用者の方と信頼関係ができておらずコミュニケーション不足が原因でトラブルが起きているケースもあります。

プログラム内容が合わない

そもそも現在通っている就労移行支援事業所のプログラム内容自体が合っていない場合もあります。就労移行支援事業所には一般型、スキル特化型、障害種別特化型と大きく3つのタイプに分けることができます。どのようなプログラムが用意されているか、そのプログラムをどのように選び受講していくのかは、事業所によって異なります。また利用者は置かれている状況も様々で、生活リズムを整える段階なのか、体調や心を安定させていく段階なのか、就労段階なのか、一人一人フェーズが異なります。プログラムを設定する際、プログラム内容と自分のフェーズがいかにマッチしているかが重要です。またプログラム内容が適切であるかその都度見直していくことも大切です。

就労移行支援スタッフが「嫌い」「苦手」と感じて行きたくない時の対策

就労移行支援スタッフに不信感を抱いた時は誰かに相談したり、相談して解決できない場合には就労移行支援事業所を変えることも検討しましょう。

誰かに相談する。

まずは誰かに相談することが大切です。一人で抱え込まず、状況や自分の辛い気持ちをありのままに伝えましょう。相談することで客観的な視点から解決法を出してくれるので、これから取る行動の選択肢を増やすことができます。スムーズな解決のためにも、相談前になぜスタッフが「嫌い」「苦手」と感じて事業所に行きたくないと感じてしまうのか自己分析も大切です。話し方や表情などそのスタッフの何が嫌なのか、理不尽な対応をするときや人によって態度を変えるときなど、どういった時に「嫌い」「苦手」と感じるのか分析してみましょう。

自己分析は自身の良い面だけでなく嫌な面を見つめ直さなければなりませんが、自分の性格や傾向を把握することができるので分析した内容は就労後だけでなく今後の人生でも大きく役立ちます。

事業所を変える事を検討する。

相談し話し合っても解決しない場合は事業所を変えることも検討してください。就労移行支援事業所は全国に約3300か所もあり、一般型、スキル特化型、障害種別特化型と大きく3つのタイプに分けることができます。事業所により就労実績や就労後定着率、用意されているプログラム内容、スタッフの質などは様々です。

事業所それぞれに強みがあり、複数の事業所を比較することで自分にピッタリあった事業所を見つけることもできます。自分に合った事業所からサポートを受けることは就労への近道です。興味を持ったらまずは見学へ足を運んでみましょう。

その他にオススメの就労移行支援事業所はこちら!

ランチと交通費の支給ありココルポート(首都圏、大阪、福岡)

精神・発達障害専門こねくと(大阪)、atGPジョブトレ 発達障害コース(首都圏、大阪)

うつ病専門atGPジョブトレ うつ症状コース(首都圏、大阪)

統合失調症専門atGPジョブトレ 統合失調コース(首都圏)

まずは無料見学を申し込んで実際に事業所の雰囲気を見てみましょう!

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!
障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!