障害者の就職活動

【専門家監修】発達障害者は障害者雇用だと生活できない理由と対処法を徹底解説

  • 障害者雇用で働いているけど給料が安くて生活ができない。

障害者雇用で働いているけど給料に対して悩んでいませんか?

この記事では仕事に悩む発達障害者に向けて「障害者雇用だと生活できない理由と対処法」を解説します。

えぬ

これまで200名以上の障害者の相談にのってきた私が解説します。

この記事を読めば、障害者雇用でも十分に生活できる方法が分かります。

えぬ

「高待遇の障害者雇用で働きたい」「今の職場に不満を感じて転職を考えている」「初めて就職活動をするので何から始めるべきか分からず不安」という方には 障害者雇用バンク をおすすめします!

障害者雇用バンク は「業界最大4000件以上の求人がある」「年収500万円以上の障害者雇用求人がある」「専属アドバイザーが求人検索から履歴書作成、面接対策といったサポート」「当サイト人気No.1」といったメリットがたくさんあります。

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

無料会員登録はたった3分で完了!!ハイクラス求人を今すぐチェック!!

その他にオススメの障害者向け就職エージェントはこちら!

身体障害専門エージェント・サーナ(全国)※無料面談でクオカード1000円がもらえる!

全国求人が豊富dodaチャレンジ(全国対応)

まずは無料会員登録をして実際の求人を見てみましょう!

発達障害者が障害者雇用で働くと生活できない?

発達障害者の雇用には一般雇用枠と障害者雇用枠があります。発達障害者が障害者雇用枠で働くと一般雇用枠に比べて労働時間が短く給料が安い、また不安な雇用形態が多いため、生活困難になってしまう可能性があります。

障害者雇用は一般雇用に比べて給料が安い

発達障害者が障害者雇用で働くと一般雇用に比べて給料が安い傾向にあるのが現状です。発達障害者が精神障害者保健福祉手帳を取得できる場合は、障害者枠での雇用が可能です。障害者枠には一人ひとりの障害特性などに応じ勤務日数や時間、休憩の取り方、業務内容といったあらゆる部分に対して障害者にとって働きやすいような配慮を受けることができます。しかしその分、給与体制は基本給が低く昇給がなかったり、一般雇用と比べ給料が安いため生活していくことが難しいといった状況があります。

契約社員や派遣社員といった不安な雇用形態が多い

平成30年度障害者雇用実態調査によると就労している大多数の障害者は非正規雇用や派遣社員といった不安定な雇用形態であると報告されています。企業側の障害者を雇用する際の課題は身体障害者、知的障害者、精神障害者、発達障害者ともに、「会社内に適当な仕事があるか」が最も多い回答でした。企業側は「障害者雇用支援設備・施設・機器の設置のための助成・援助」や「具体的な労働条件、職務内容、環境整備などが相談できる窓口の設置」を今後に整えていくべき取組みであると報告しています。企業側の障害者の受け入れ体制には課題も多く、現時点では不安定な雇用形態が多い事が現状です。

労働時間が短く稼げない

平成30年度障害者雇用実態調査によると、通常(週30時間以上)就労する発達障害者は59.8%であり、就労している発達障害者の約4割は短時間勤務を利用しています。また発達障害者の平均賃金は12万7千円と報告されています。労働時間が短い分、一般雇用と比べると稼ぐことが難しいため、発達障害者が障害者雇用枠で働くと生活が難しい傾向にあります。

障害者が年収の高く働く方法 

障害者が年収を上げて働く方法は一般雇用で働く、大手企業の障害者枠で働く、副業するといった方法があります。

健常者と同じく一般雇用で働く

障害者の年収をあげる方法として健常者と同じく一般雇用で働く方法があります。一般雇用枠は選べる職種や求人数が多く、選択肢が多岐にわたります。自分の特性に合った求人を探しましょう。

応募する上で大切なことは障害が仕事にどう影響するのかということです。一般枠で応募している他の応募者と同等の成果を出す事ができるのなら、十分採用される可能性があります。一般枠で働くためには多数派社会の中で生きていくため、多少のストレスを受け入れることや、社会へ最低限の適応をしていかなければいけません。配慮やサポートが必要な場合は、自ら理解を求める努力も必要です。しかし自分に合った職場環境を見つけることができたら健常者と同じ条件で働くことができるのです。昇給していくことで年収アップを目指せます。

大手企業の障害者枠で働く

大手企業の障害者枠で働く方法もあります。

厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」より、従業員規模が大きい企業ほど平均年収が高く、従業員1000人以上の大企業と99人以下の小企業では、全体の平均年収に150万円以上差があることが報告されています。大手企業の障害者枠で働くことにより収入アップを目指せます。

また大手企業ならではの充実した教育研修制度や福利厚生等も利用することができます。

副業する

副業も方法の一つです。最近は気軽に副業できる環境が整っています。パソコンやスマホさえ使えれば稼げる副業も多いので、障害者枠の給料だけでは生活が難しい場合にぴったりです。副業は自宅に居ながら自分のペースで働けるということがメリットです。内職、データ入力や事務作業、動画編集等様々な副業があり、隙間時間を利用して稼ぐことができるのでおすすめです。ただし雇用先が副業を許可しているかどうか就業規則等で必ず確認してください。

高待遇の求人を見つけるには転職エージェントを使う

高待遇の求人を見つけるには転職エージェントを使うのがおすすめです。障害者向け転職エージェントでは大手企業をはじめ、障がい者採用に積極的な優良企業の情報をたくさんチェックすることができます。業種・職種・地域・障がい内容などさまざまな角度から求人情報を明確に知ることができるのでスムーズに就職活動をすることができます。また、

転職エージェントを使うと自分に合った企業に応募することができるので、ぐんと採用されやすくなります。書類選考や面接対策を専属アドバイザーがしてくれるので安心して就職活動をすることができます。アドバイザーが一人ひとりに最適な方法や環境を一緒に考えてくれるので、あなたの可能性を大きく広げてくれるでしょう。障がいを理由にキャリアを諦める必要はありません。活躍できる場がたくさんあります。チェックしてみてあなたにあった職場環境を見つけましょう。

公式LINEで個別相談を受付中

  • 記事内容で質問したい
  • 個別の悩み相談をしたい

という方向けに公式LINEで無料相談を受け付けています。
公式LINEに登録して私に相談内容を送ってください。

障害者は恋愛、結婚、就活、働き方と健常者の倍以上に悩み事が多いですよね。

周りに障害者の知り合いが少なく相談できる相手はいない……

1人で悩み続けるのは苦しいですよね?

もう1人で悩み続ける必要はありません。

そんなあなたの悩みを少しでも解決するためにこのLINEを作りました。

障害者の恋愛、結婚、就活、働き方とメッセージいただければ一緒に解決できるようサポートします!

障害に負けず幸せな人生を歩んでいきましょう!

障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!
障害者からの恋愛、仕事の悩みを受付中
無料個別相談はこちら!